2020年 10月 29日 (木)

志村けんさん、NHK朝ドラ「エール」に最後の出演 番組公式ツイッター「ありがとうございました」と感謝

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NHKの連続テレビ小説「エール」の1日(2020年10月)放送の回に今年3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が登場したが、これが「最後の登場」だったことが同日付「エール」の公式ツイッターで明らかになった。

  • 志村けんさんに感謝の気持ちを綴ったNHKの番組公式ツイッター
    志村けんさんに感謝の気持ちを綴ったNHKの番組公式ツイッター
  • 志村けんさんに感謝の気持ちを綴ったNHKの番組公式ツイッター

音楽挺身隊の名簿に「古山音」の名前を見つけて...

   志村さんは日本作曲界の重鎮・小山田耕三を演じた。この日の放送では、冒頭に小山田が登場。自宅の書斎で、届けられた音楽挺身隊の名簿を見て、古山裕一(窪田正孝)の妻、音(二階堂ふみ)の名前を見つけ「古山音?」とつぶやき、難しい表情を浮かべる。

   公式ツイッターでは「裕一が幼き頃から憧れ続けた、偉大な作曲家・小山田を演じた志村さん。この日が最後の登場となりました。ありがとうございました」と感謝をつづった。

   最後の出演にツイッターには「寂しくなります」「とうとう、本当に最後の登場の日が来てしまったんですね」「志村さんの役者魂しかと見届けました」などと感謝の声が寄せられていた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中