2020年 10月 25日 (日)

事件前日のトラブルで「被害届は出さない」とかばっていた女性が刺されてしまった! ヤマト運輸2人殺傷容疑者は「解雇され腹がたった」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   きのう6日(2020年10月)午前4時すぎの早朝、兵庫・神戸市のヤマト運輸の宅配センターで従業員2人が刃物で刺されて死傷する事件が起きた。事件後、元従業員の筧真一容疑者(46)が自らパトカーに衝突して公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された。

   「きのう会社を解雇され、腹が立っていた。人を刺したり散々なことをした。どうせ逮捕されるのだと思い、(車を)ぶつけた」と話しており、警察は殺人の疑いでも調べている。

   従業員の廣野真由美さん(47)が腹部などを刺されて死亡、男性従業員(60)が手を切られる軽傷を負った。

   捜査関係者によると、筧容疑者はおととい5日午後、ある従業員とトラブルになり、死亡した廣野さんが仲裁に入った。その際に筧容疑者の手が廣野さんに当たり、会社側は被害届を出すよう勧めたが、廣野さんは「暴力は自分に向けられたものではない。被害届は出したくない」と話していたという。

容疑者知る人は「静かでマメな人」「常にイライラしていた」

tv_20201007121832.jpg

   阿部祐二リポーターが筧容疑者の自宅周辺を取材すると、「静かで、まめな人。洗濯ものもきっちり干していた」と近所の女性は話していたが、一方で「常にイライラしているような感じだった」と話す男性もいた。約3年前に同じ運送会社で働いていたという男性は「解雇されるようなタイプの人じゃない。職場で相当のことがあったのではないか」と話していた。

   阿部リポーター「筧容疑者は、過去に働いていた運送会社などを辞めた際は自分から辞めていました。解雇されたのは今回が初めてだったのかもしれません」

   司会の加藤浩次「おとといのトラブルや解雇された理由など、容疑者の供述が待たれます」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中