2020年 10月 30日 (金)

ひょうきん者の唐沢寿明にジャック・バウアーはさすがに無理?「24JAPAN」に本家ファンから非難の嵐!「あまりにもチープ」「緊迫感なし」一方、「面白い」「今後が楽しみ」の声も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米ドラマ「24 TWENTY FOUR」シーズン1をベースにしたテレビ朝日系列のドラマ「24JAPAN」が9日(2020年10月)放送からスタートしたが、オリジナル(本家)のファンからは「がっかりだ。リメイクすべきではなかった」「本家の迫力、緊張感にはかなわない」「予算が二けた違う。チープすぎる」というブーイングの声が上がっている。

   一方、本家を見たことがない人からは「借りてきた感がすごいが、まあまあ面白い」「これからも見ます」「唐沢寿明が頑張っている」と好意的な声も。

  • 「24JAPAN」(テレビ朝日の番組ホームページより)
    「24JAPAN」(テレビ朝日の番組ホームページより)
  • 「24JAPAN」(テレビ朝日の番組ホームページより)

「日本初の女性総理」暗殺計画を阻止できるか、緊迫の24時間!

   「24JAPAN」は「日本初の女性総理」誕生への期待が高まるなか、女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画が進行する総選挙当日の24時間をリアルタイムで描くサスペンス。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班に所属する主人公・獅堂現馬(唐沢寿明)が殺計画を阻止すべく極秘任務に挑んでいく。

   物語は、獅堂現馬は自宅で娘・美有(桜田ひより)とトランプを楽しんでいたが、自分の部屋に戻った美有がこっそり家を抜け出したことが発覚。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)から緊急招集がかかる。「朝倉麗を暗殺する計画があり、CTUの中に内通者がいる。その内通者を洗い出せ」という極秘任務を命じられる。

   暗殺計画を阻止するため、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。そんな中、現馬の前にCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が現れ、「新たな情報」を提供。だが、鬼束の言動を不審に思った現馬は麻酔銃で眠らせる。一方、自宅で娘を案じていた現馬の妻・六花(木村多江)はある男からの電話で呼び出される。さらにその頃、上空を飛行する旅客機の中で、日本中を震撼させる「恐ろしい計画」が進行していた...という怒涛の展開だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中