2021年 4月 19日 (月)

米大統領選に「呆れたコール」!玉川徹「トランプは北朝鮮に亡命か」トランプ勝利予言が幻に消えた木村太郎「昼酒を飲むよ」橋下徹「トランプの言い分もわかる」M・ロバートソン「江戸時代の制度のままだもの」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   トランプ大統領VSバイデン候補の前代未聞の泥仕合と化した米大統領選挙。4日~5日のワイドショーはこの話題であふれた。番組のMCやコメンテータたちは何を語っただろうか。

   フジテレビ「バイキングMORE」の坂上忍は、徹底した「バイデンびいき」を隠さなかった。開票が始まった4日、バイデン氏勝利の速報が入ってくるたびに「よしっ!」「おっ、よし!よし!」などとドヤ顔で叫びガッツポーズ。進行の伊藤利尋アナウンサーが「おそらく、いまアメリカ国内もこんな感じだと思います。テレビ見ながら有権者はこんな空気なのかなと思います」とフォローしたが、ネットでは「露骨すぎる」と批判を浴びた。

  • もう後がないトランプ大統領
    もう後がないトランプ大統領
  • もう後がないトランプ大統領

坂上忍、露骨すぎるバイデンびいき「よし!よし!」とガッツポーズ

   5日、大勢がバイデン候補有利に傾き、トランプ氏が郵便投票の集計打ち切り求めて最高裁に訴える動きを始めてと、こう皮肉った。「僕らの感覚で言うと、もうちょっと往生際が良くてもいいのかなっていう気がしちゃう。勝ったも同然って、意味がよくわからない。法廷に持ち込めば勝つ、ということなんですか?うーん」

   フジテレビ「とくダネ」では、逆に、前日のトランプ大躍進を唯一「予言」しており、ネットで「神か」とまで称賛されたジャーナリスト木村太郎氏がトランプ氏の劣勢に意気消沈、こうぼやいた。「バイデンはあと少しで選挙人が過半数の270人に届く。昼から酒を飲まなきゃいけないな」

   バイデン当選を予想していたデーブ・スペクター(テレビプロデューサー)は明るく語った。「バイデン支持者は早めに郵便投票しただろうから、時間がたつと有利なことは見えている。トランプ陣営はずっと前から訴える作戦だった。潔い人ではないから、素直に負けたと言うわけがない」

   MCの小倉智昭はトランプ、バイデン両氏の"勝利宣言"に「まだ開票中なわけでしょ。待ってりゃいいじゃねえのって思うよ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中