2020年 11月 25日 (水)

トランプVSバイデン...暴力の衝突、親子の断絶にまで発展した大統領選の大混乱!アメリカは海図のないまま漂流するのか?

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   アメリカ大統領選挙は民主党のジョー・バイデン前副大統領(77歳)がほぼ当確となったが、この選挙で世界が驚いたのは、アメリカ社会の分断状況の深刻さだ。候補者同士の対決に引っ張られるように、双方の支持者が対立し、暴力の衝突、親子の断絶にまでエスカレートした。しかし、これは単にバイデン派VSトランプ派ということではなく、経済格差、人種差別、宗教などを背景とした根深いものだ。

   人種差別撤廃運動に参加してきたミシガン州デトロイトのジョーダン・ウェーバーさん(26歳)は、「この国の分断は、私が生きている間に解決できるとは思いませんが、いま始めるしかありません」と話す。ウェーバーさんは「少しは改善されるかもしれない」とバイデン氏を支持した。

  • トランプVSバイデン(NHK公式サイトより)
    トランプVSバイデン(NHK公式サイトより)
  • トランプVSバイデン(NHK公式サイトより)

200年ぶりに連邦議会で決選投票に持ち込まれるのか?

   NHKアメリカ総局の河野憲治総局長は「およそ200年ぶりに連邦議会で決選投票に持ち込まれるようなことになれば、アメリカは海図のないまま漂流する状況になるかもしれません。双方の支持者による抗議デモが激しくなって、緊張が高まり、分断の傷口を一層広げることになるでしょう」と報告した。

   武田真一キャスターは「どうしたらこの分断を解決することができるのでしょうか」と、ロバート・キャンベル氏(国文学研究資料館館長)に聞く。キャンベル氏はペンシルベニアに実家があり、3週間前に郵便投票を済ませたという。「(分断解消のカギは)根拠を共有できるかということです。いまは党派のレンズを通してしか現実をとらえることができない状況ですが、(アメリカ社会のさまざまな矛盾や課題など)起きていることは1つなのですから、一緒にどういうふうに解決できるかという議論をする土俵作りが必要です。インターネットやメディアに期待されます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中