2020年 11月 26日 (木)

<来週のエール>(第22週「ふるさとに響く歌」)
弟を守り切れず、母を捨てた...鉄男は自分を責めて生きてきた。「家族の絆」がテーマの作詞を断るが、福島で墓参りのあと、見知らぬ男が鉄男を待っていた...

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   1951(昭和26)年。古山裕一(窪田正孝)は、ラジオドラマやレコードの仕事で多忙な日々を送っていた。一方、幼馴染の作詞家・村野鉄男(中村蒼)は、映画の主題歌の作詞を依頼されるが断ってしまう。貧しく、すさんだ家庭に育った鉄男は、「家族の絆」がテーマの作詞をする自信がなかったのだ。

   そんな2人が、母校の福島信夫小学校の校歌を作詞作曲し、完成お披露目会に出席するために福島に帰郷した。

   鉄男は裕一に、29年前の話を始めた。一家4人で夜逃げをした後、弟の典男は家出し、自分も母に「自分の道、歩いでげ」と、背中を押されて家を出たという。以来、鉄男は弟を守り切れず、母を捨てた自分を責めて続けてきたのだ。

   お披露目会の翌日、藤堂清晴先生(森山直太朗)の墓参りから2人が喜多一に戻ってくると、見知らぬ男が待っていた。鉄男の弟・典男だった。息子が小学校から持ち帰ってきた校歌の譜面を見て、兄が作詞家であることに気付いたという。

   再開した兄弟にはまた絆が戻った。孤独の中生きてきた鉄男は家族を取り戻し、東京へ戻る。そして数年後には、大ヒット曲『東京だョおっ母さん』を作詞することになる。

裕一の弟・浩二はリンゴ農園の1人娘に思いを寄せる

tv_20201104143411.jpg

   さて、裕一は、弟の浩二(佐久本宝)を通じて農業会から頼まれた『高原列車は行く』の作曲をするために喜多一に残っていた。そこに音(二階堂ふみ)もやってきた。看護学校に通い始め、忙しい娘の華(古川琴音)は東京で留守番だ。

   浩二は、自分が農業指導している「畠山リンゴ園」の1人娘・まき子に恋をしているようだ。しかし、まき子は戦死した恋人を引きずっていた。しかももうすぐ東京の親戚の会社に働きに行くことが決まってしまった。だというのに、浩二はなかなか本心を伝えられない。それどころか見当違いな優しさを見せ、まき子を怒らせてしまう。悩む浩二に音は「自分の気持ちと向き合って」と声をかけ、その背中を押す。

   浩二はやっと「忘れられない人がいてもいいから、自分のそばにいてほしい」とまき子に伝えることができた。数か月後には結婚式が行われ、浩二は畠山家に婿入りした。リンゴ園では、大ヒットした『高原列車は行く』が流れる中、仲良く作業する2人の夫婦があった。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中