2020年 12月 1日 (火)

2022年大河「鎌倉殿の13人」今から盛り上げ? 脚本三谷幸喜氏が5日間にわたり動画で出演者を順番に発表。影薄くなる?来年「晴天を衝け」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
tv_20201117163407.png

   NHKの2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主要キャストについて、NHKがホームページやツイッターで16日(2020年11月)から5日間にわたって順次、発表している。毎日新しいキャストが公表され、番組ホームページにある物語の相関図の空欄が新キャストの顔写真で順番に埋められていく新機軸の手法だ(画像はNHK「ドラマトピックス」公式サイトより)。脚本を手掛ける三谷幸喜氏(59)が自ら物語の相関図を面白おかしく解説する動画まで配信する丁寧さだ。

   だが、再来年はまだまだ先のこと。ネットでは「今から盛り上げてどうする」「次の大河なんだっけ」などの声も出て、関心はいまいちだ。大河として人気が出るのは戦国時代と幕末ものがテッパン。人気が薄い鎌倉時代を描くにはそれ相応の盛り上げ方が必要と制作側で判断したのだろうが、来年渋沢栄一を主人公とする大河「青天を衝(つ)け」(吉沢亮主演)は影が薄くなりつつある。

主人公は北条義時、三谷脚本は6年ぶり大河3作目

   「鎌倉殿の13人」は大河ドラマ61作目。主人公は鎌倉幕府の第2代執権・北条義時で、歴史好きな人以外はあまりなじみのない人物だ。源頼朝の正室・北条政子の弟で、源頼朝から3代続いた源氏の後に武士の頂点に上り詰めていった。ドラマでは、野心とは無縁だった若者が時代に飲み込まれ、パワーゲームを繰り広げていく激動の時代を新都・鎌倉を舞台に描くという。三谷氏が大河で脚本を手掛けるのは、04年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目となる。

   主演は俳優の小栗旬(37)が務めるが、17日までに姉の北条政子に小池栄子(39)、義時の兄・北条宗時に片岡愛之助(48)、平清盛に松平健(66)、比企能員(ひきよしかず)に佐藤二朗(51)の出演が発表された。今後20日まで5日間連続で総勢24人の第1次出演者が発表される。 (テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中