2020年 12月 1日 (火)

唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   テレビ朝日が開局60周年記念としてスタートした唐沢寿明主演のドラマ「24 JAPAN」。視聴率が数%台と低迷しているが、20日(2020年11月)に7話が放送されたあたりから、ネット上では「ここに来て面白くなってきた」という評価が高まっている。

   米国で大ヒットした「24-TWENTY FOUR-」のリメイクだが、本家米国版のファンからは「オリジナルに比べてあまりにも安っぽい」「銃社会、テロ、人種問題が混在する米国の設定をそのまま日本に持ってきたことに無理がある」という批判を渦巻いていた。

  • カードキーをすり替えようとする獅童現馬(右)(テレビ朝日「24JAPAN」公式サイトより)
    カードキーをすり替えようとする獅童現馬(右)(テレビ朝日「24JAPAN」公式サイトより)
  • カードキーをすり替えようとする獅童現馬(右)(テレビ朝日「24JAPAN」公式サイトより)

当初は「安っぽい」「日本が舞台の設定は無理」の批判があったが...

   しかし、本家版を知らない人からは「ハラハラドキドキ。こんな超面白いドラマ初めて」と称賛の声が出ている。また、本家のファンも見慣れてきたのか、「結構、頑張っている」という声も出始めている。

   7話の物語は――。CTU(テロ対策ユニット)の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、最愛の娘・美有(桜田ひより)を誘拐した黒幕・神林民三(高橋和也)の指示に従い、CTU第1支部へ。中では日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わる"正体不明のCTU内通者"の情報が入っているカードキーの解析が進められていた。

   神林に偽物のカードキーとすり替えるよう命じられ、ためらう獅堂。しかし、妻・六花と娘の命を盾に取る神林に追い詰められ、命令に従ってしまう。獅堂がカードキーをすり替えたことを知ったCTUのメンバーに追い詰められた獅堂は銃を手に取り、前代未聞"究極の行動"に出てしまう――というストーリーだった。

   ネット上ではまず、本家を見たことがない人からこんな称賛の声が寄せられた。

   「獅堂~良かった、殺していなかった。泣けた。『目を見て撃って』なんて言葉日本人には書けない。銃社会ならでは生まれたセリフ。こんな言葉がある国があるんだね、涙が止まらない。男女で逃げる逃亡劇、子供じゃないけれど小さな恋のメロディーも素敵です。高橋さんが怖くて好演です。獅堂は音声も映像もピッタリ見張られていますが、本家も同じなのですか?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中