2021年 5月 14日 (金)

大野のびっくりエピソードが笑える!チョイ役なのにアドリブ「ウィウィー、どうもー」と大暴走! インパクト大で視聴率「めちゃ上がった」とドヤ顔

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「櫻井・有吉THE夜会」(2020年12月10日夜9時~・TBS系) 嵐のリーダー、大野智をゲストに迎えての2時間スペシャル。TBSに眠る嵐の秘蔵映像を蔵出し、21年間にわたる嵐の歴史をひもとく。MCを務める櫻井翔が大野のびっくりエピソードを紹介した。

   嵐が出演したTBSのドラマは33作品。大野はそのうち5本に出演。一番印象に残っているというのが、櫻井と二宮和也のW主演作「山田太郎ものがたり」。大野は最終回にチョイ役出演。嵐の主演ドラマでは、最終回にメンバーがサプライズ出演して花を添えるのが恒例だった。

   大野が演じたのは、セリフなしのチラシ配り役。「これ、俺出る意味あんのかなー? とか思っちゃって、ちょっとインパクト与えたくなった」大野は大暴走。監督の許可も取らず思いつきで「おねえ」に変身。アドリブで「ウィウィー、はい、どうもー」と言いながらチラシを配りまくった。

映像には二宮と絡んだ上に、ドアップでニンマリ

   当然カットの声がかかり、普通にやるよう指示が飛んだが、大野は「普通は絶対おもしろくないなー」と断固譲らず。「わかりました」と従う素振りを見せながら、我流を押し通した。結局自分の演技プランを曲げない大野に監督が根負け、そのままオンエアされた。櫻井と二宮は大野と監督の根競べをあぜんとしてながめるしかなかったようだ。

   その結果「(最終回の)視聴率がめちゃくちゃ上がった」と大野がドヤ顔で話すと、櫻井も「そうそう! 本当に」と追随。そのシーンの視聴率は爆上がりしたそうだ。その場面が放送されると、確かに大野がチラシを配る姿で出演。二宮と絡んだ上になぜかセリフもしゃべり、ドアップでニンマリするおまけまであってインパクト大だった。

   初主演ドラマの「魔王」では、趣味の釣りで沖縄に行った大野が真っ黒に日焼けしてしまい、同じ回なのに真っ白大野と真っ黒大野が混在する異常事態が発生した。「『(場面が)つながらない』ってすごい怒られました」と恐縮する大野。同時期に歌番組「うたばん」に出演した際のこと。「(日焼けを隠すため)メイクさんに『ちょっと白めに塗ってくれ』って言って出たんすよ。そしたら黒に白塗っても肌色にはなんないから、青いゾンビみたいな顔になって」と櫻井が当時を思い出す。地上波10年ぶり解禁の秘蔵映像として、ゾンビ顔の大野が司会の中居正広にいじられる姿が流れた。確かに色味が一人だけ違っていた。

   以後大野はドラマや映画出演時、事務所から釣り禁止を厳命された。息抜きのための趣味も思うようにできない生活はさぞ不自由だったことだろう。今月は多忙すぎて釣り納めもキャンプ納めもできないと嘆いていた大野。なあに、あと半月の辛抱だ。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中