2021年 1月 23日 (土)

認知症の「先輩」が「後輩」の相談に乗る 「認知症になってもできることがある」と自信

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   認知症と診断された人が先に認知症になった「先輩」に悩みを打ち明ける相談室を、香川県三豊市立西香川病院が設けている。診断後のショックが長引くと進行すると言われる認知症に、同じ病の人が相談にのることで立ち直るきっかけを作ってほしいとの考え方だ。「なった者にしか分からない」切実な気持ちに思いやりの輪が広がる。

   6年前に脳血管性認知症と診断された渡邊康平さん(78)が、そこの相談員だ。これまで70人の相談にのってきた。

   今年(2020年)7月、初めてここを訪れた高橋道夫さん(68)は3年前にアルツハイマー型認知症と診断され、その現実を受け入れられないでいた。

   渡邊さんは「私も医師に認知症と言われ、冗談言うなとだいぶやりあいました」と、自身の体験から語り始めた。記憶がどんどん消えていったという。「ただ、認知症になってもすべてができなくなるわけではない」「できないものは、言っても返ってこない。できることで人生を作り直します」と語りかけた。

   最初は表情も硬かった高橋さんも「本当に刺激になる」とうなずいた。かたわらで妻が「よかった」とつぶやいた......。

ショックから立ち直るのに2年

   渡邊さんは地元の商工団体に勤めていたときに書類のミスをたびたび起こし、病院で認知症と診断された。72歳だった。診断のショックから立ち直るのに2年かかったそうだ。

   日記には「認知症への脳になっていた。自分でじぶんがわからない」とつづった。食事がのどを通らず、85キロあった体重が61・4キロにまで減った。人目を避け、家に閉じこもった。

   妻の昌子さんはあえて励ましの言葉をかけず、少しずつ散歩に誘った。「本人は言葉は出ないけど、体とか表情とかでいっぱい(気持ちを)出しているんですよ。それをキャッチして、できるだけ気持ちを大事にしてあげるようにしました」という。4カ月後、渡邊さんは日記に初めて「じぶんでじぶんをさがそう」と前向きな言葉を出した。

   2年後に渡邊さんはかつて通っていた囲碁クラブに再び通いだし、腕前を取り戻した。「認知症になってもできることがある」と、自信が戻ってきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中