2021年 7月 27日 (火)

埼玉・戸田市議のスーパークレイジー君に選管事務局長が"辞職勧告"?! 深夜に呼び出し「当選辞退も選択肢」と迫る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   異色の市議会議員として第一歩を踏み出したばかりの埼玉県戸田市のスーパークレイジー君こと西本誠氏が、思わぬ横やりに戸惑っている。一部の市民から「居住実態がない」と当選無効を求める異議申し出が提出され、それに伴って選挙管理委員会事務局長から"辞職勧告"を受けたというのだ。スーパークレイジー君議員がきのう18日(2021年2月)、記者会見を開いて経緯を説明した。

   スーパークレイジー君議員は金髪に特攻服姿で先月(2021年1月)、戸田市議選に挑み、初当選を果たした。公職選挙法では、「地方議員は選挙の3カ月以上前からその自治体に居住していなければならない」と定めているが、同議員は昨年9月末(2020年)に戸田市に転居、住民票は10月2日に提出している。生活していることを証明するため、電気代や水道代の領収書、コンビニのレシートなども保管しているといい、「居住実態はある」と主張している。

   一方、同議員によると、今月4日(2021年2月)の夜、選挙管理委員会の事務局長から電話があり、「どうしても話がある」と呼びだされた。深夜に市内の小学校の校門前で会い、「当選辞退を促されたと感じた」。同議員は持っていた光熱費の領収書などを事務局長に提示したという。

選管事務局長の言動は「不適切」として異動

   この時のことについて、戸田市選挙管理委員会は「今月4日午前、(スーパークレイジー君議員から)居住実態に関する質問があったが、内容に不明瞭な点があったため、その日の夜に面会を試みた。再度内容を確認し、仮に居住実態に疑義が生じる場合には当選を辞退するというのも一つの選択肢である旨を説明した」としている。そのうえで「事務局長の言動は誤解を招くものであり、不適切だった」と釈明。事務局長はきのう18日付で異動となった。当選無効の異議申し立てについては、30日以内に結論を出す予定だという。

   金曜スペシャルキャスターのカズレーザー「このタイミングでの(選管事務局長の)異動というのは、処分的なことかなと思っちゃいますね」

   司会の小倉智昭「(スーパークレイジー君議員が)立候補するために直前に引っ越したというのは事実でしょうから、あとは結果をどうやって残すかということでしょう」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中