2021年 4月 16日 (金)

<来週のおちょやん>(第15週「うちは幸せになんで」)
またテルヲが現れ、千代の生活をかき乱す。だが、肝臓はボロボロ、医師は「いつ死んでもおかしくない」と...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   鶴亀家庭劇は、万太郎一座との対決を経て結束を強めた。その一方、夫婦の時間を持てない代(杉咲花)を心配するみつえ(東野絢香)は、温泉旅行を提案。その矢先、千代の前に父親・竹井テルヲ(トータス松本)が現れる。

   千代に冷たくあしらわれても、道頓堀をうろちょろするテルヲ。また千代の生活をかき乱し始めた。

   そんな折、岡安の主人・岡田宗助(名倉潤)が路地裏で腹痛を起こし、倒れてしまう。居合わせたテルヲは宗助を担ぎ、病院に連れて行った。診断は結石だった。

   礼を言うシズ(篠原涼子)に、テルヲは「千代に自分を許すように口添えしてくれ」と頼むが、きっぱりと断られてしまう。

   捨て台詞を残しその場を去ろうとしたテルヲは、崩れ落ちて吐血した。テルヲの肝臓はボロボロで、医師からは「いつ死んでもおかしくない」と言い渡されていた。

どうしても父親を許してやれない千代に宗助が声を掛ける

   千代はシズからテルヲの病気のことを聞く。夫の一平(成田凌)は「最後くらい一緒に暮らしたらどうか」と言うが、千代はどうしても許してやれなかった。

   テルヲは「このまま主役になれないのなら、千代は人生を棒にふるってしまう」と、千代に役者を辞めさせようと方々に出向いて手を打とうとした。しかし鶴亀の大山鶴蔵(中村鴈治郎)や須賀廼家千之助(星田英利)の話から、千代が素晴らしい役者として認められていると気づく。

   翌日、借金の取り立てと騒ぎを起こしたテルヲは、警察に連行されてしまう。

   意地でも会いにいこうとしない千代に、宗助は声をかけた。宗助の話に心を動かされた千代は、テルヲと話すため警察署に向かう。そしてケンカ腰になりながらも、「自分が身元引受人になるから早く病院に行って少しでも長く生きてくれ」と伝えた。

   しかしその思いは叶うことなく、テルヲは留置場で息を引き取る。

   焼香には、岡安の面々、劇団員、富川一家たちが訪れた。千代はみんなからテルヲが生前にしていた行いを聞き、父との別れに初めて涙を流すのだった。

   (NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中