2021年 12月 7日 (火)

「女性版ジャニーズ」か? 女性芸能事務所社長が配下の女優に「セクハラ」していた! ハリーとメーガンのイギリス王室批判が物議

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   文春によれば「女性版ジャニーズ」だそうだ。芸能事務所「スウィートパワー」の岡田直弓(なおみ)社長(53)のことである。堀北真希、桐谷美玲、黒木メイサ、元KARAのジョンなどを自らスカウトし、次々に売れる女優にしていったという。

   たしかに、売れる美少年を自らの眼で選び、次々にアイドルに仕立て上げ、ジャニーズ帝国を築いたジャニー喜多川に似てなくもない。

   だが、稼ぎ頭だった堀北は引退し、ジョンも韓国へ帰ってしまった。都内にある5億円は下らないといわれる白亜の豪邸は、岡田が「ジョンと生活するためにわざわざ建てた」と囁かれたそうだ。最上階の3階にはダブルベッドが置かれているという。

   岡田はジョンと、傍目も憚らずに手をつないだり、お風呂にも一緒に入ったり、「ジョンの胸はね」と周囲に語っていた。だが主演作が軒並みコケたこともあり、岡田のマネージメントや岡田との同居生活に不満を抱いたジョンは、岡田のもとを去ってしまった。

   ジョンのいなくなった後、岡田が3階に住まわせたのが未成年の女優、鈴木友花(仮名)だというのだ。写真を見て惚れ込んだ岡田が、自ら鈴木の実家に足を運び、芸能界入りするのを反対していた両親を説得したそうだ。

   早速CM出演を用意し、ドラマにも出演させるなど、岡田は鈴木に注力し、「ジョンのようには絶対手放さない」と彼女にいったそうだ。

   だが常に岡田といて、夜になるとダブルベットで一緒に寝るという生活が、鈴木の精神をおかしくしていったという。エレベーターの中で過呼吸を発症して倒れたのだ。

写真はイメージです
写真はイメージです

   意識を取り戻した鈴木は涙を流しながら、「岡田さんが怖い」と訴えたという。それを境に、岡田は豪邸を出るが、鈴木の監視を怠らなかった。

   誰と会ったか、何時に起きたか、何回トイレに行ったかまでマネージャーに逐一報告させていたという。鈴木は、「岡田さんがやっているのは犯罪行為。ベッドで寝顔撮られて、セクハラされて......。『愛してる』とも言われた。とにかく嫌だった」と語っているという。

   岡田は文春の直撃に、鈴木と一緒のベッドに寝たことはないと否定し、「これまでも私、色々言われてきました。でも男にも女にも興味ないんです。反省するとしたら接近が多かったかもしれない」と語っている。

   圧倒的な力を持った人間が、社長と所属タレントという関係を超えて、生活全般を管理しているのは「監護者わいせつ罪」に該当する可能性があると、板倉由実弁護士は指摘し、「『抵抗しようと思えばいつでも抵抗できる、声を上げられるはず』という考え方は性被害の実態に反します」と話している。

   度を越した女性社長のセクハラに、女性タレントは声を上げ、ジャニー喜多川社長にセクハラされた男性アイドルたちは沈黙を守っている。おかしくないか。

   福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の子どもが餓死した事件で、母親の碇利恵(39)と"ママ友"の赤堀恵美子(48)が逮捕された。

   文春によると、長男同士が小学校の同じ学年で知り合い、家族ぐるみの付き合いが始まったという。だが、赤堀は碇をマインドコントロールし、夫と離婚させ、碇のカネを次々に巻き上げていったそうだ。

   やがて、碇と子ども3人の食事まで徹底管理するようになり、やせ細り、ついに一番下の子どもが餓死してしまったというのだ。赤堀は宗教活動に熱心で碇も入信させたというが、自分の子どもを餓死させるまで、他人のいいなりになるというのは、私には信じられない。

   拘留中の碇はマインドコントロールが解けて、「最初は赤堀に騙された怒りがあったけど、今は自分を責めている」と語っているというが、何を今さらである。

長崎県警の女性警部が長崎新聞の男性記者と情を通じ、ネタ流していた

   やはり文春が、長崎県警の女性警部(47)が、長崎新聞の男性記者(29)と情を通じて捜査情報を流していたため、書類送検されたと報じている。

   年下の記者は県警を担当していたが、女性警部を熱心に口説いていたという。最初は「ネタを取りたい」ためだと警戒していたようだが、熱意にほだされW不倫の関係になったそうだ。

   以来、記者は特ダネを連発するようになる。一緒に旅行までするようになり、疑念を持った県警職員から情報が寄せられたが、彼女は県警の捜査対象になっていることを察知したが、関係を清算することはなかった。

   女性は依願退職したが、長崎新聞は、記者を報道部から外しただけの甘い処分で逃げ切りを計ったという。静岡新聞のトップといい、メディアには良識さえも失われてきているようだ。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中