2021年 4月 17日 (土)

「知ってるワイフ」ラストの予想に大興奮!「元春、澪、沙也佳、津山...全員が幸せになる最後はこれだ!」「澪は亡き父親に会うためにワープする」「ドラマを見ながらうちの夫婦を反省しています」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大倉忠義と広瀬アリスがW主演、瀧本美織、松下洸平らが共演する「知ってるワイフ」(フジテレビ系)10話が3月11日(2021年)に放送され、最終回に向けてクライマックスに達した。ネット上では、「どんなラストが待っているの?」「みんなが幸せになる終わり方になってほしい!」と最終回の結末の予想が最高潮に達している。

   物語は、元春(大倉忠義)が澪(広瀬アリス)に自分がタイムワープで過去を変えたこと、以前の世界で澪と夫婦だったこと、子どもが二人いたことなどを明かす。これまでの不思議な夢の謎が解け、澪が元春の話が本当だと確信。今の自分は前の人生の澪ではないと告げる。沙也佳(瀧本美織)の父から紹介され融資した会社が計画倒産。元春も加担を疑われ解雇される。

  • 久恵(片平なぎさ)は何を澪(広瀬アリス)に渡したのか?(フジテレビの公式サイトより)
    久恵(片平なぎさ)は何を澪(広瀬アリス)に渡したのか?(フジテレビの公式サイトより)
  • 久恵(片平なぎさ)は何を澪(広瀬アリス)に渡したのか?(フジテレビの公式サイトより)

タイトルの「知ってるワイフ」の意味がやっと分かった

   連絡が取れなくなった元春を追った澪は初デートだった海で元春を発見。「俺と関わると不幸になる。俺が不幸のタネなんだ」と語る元春を説得、自分の車で送る。元春は「幸せにな、澪」と澪を見送りながら、小池(生瀬勝久)から500円玉を受け取ると再び過去に。一方、澪も母の久恵(片平なぎさ)から「必要になるかもしれないから」と何かを握らせられた......という展開だった。

   ネット上ではこんな予想の声が上がっている。

   「10話の最後を見て、タイトルの『知ってるワイフ』の意味がやっと分かった気がしました。最終話では澪もタイムスリップして、お互いのいい面、悪い面を全て知った上で元春と向き合い、元春と共に歩む人生をやり直すのだと確信しました」

   「今回、澪はクルマに乗っていましたが、過去に戻る時は澪らしく全力で自転車を走らせてもどってほしいです」

   過去に戻った元春と澪はどうするだろうか。様々な説があがっている。その中には澪は元春が戻った年より前に戻るのではないか、という見方もある。

   「元春は、タイムスリップの記憶を残したまま過去に戻るので、予告にあったように、澪の財布を拾った日は外出しない、誰とも会わない。だから澪は、母にもらった500円で過去に戻るが、その500円は元春が投入した500円の更に1年前の製造年のものだろう。澪が戻った年の元春は澪の存在すら知らない状態だ。しかし、澪は元春の家も大学も妹も知っている。澪が元春に接触するチャンスはいくらでもある!大掛かりなストーカーだ(笑)。2人の繋がりが強いので惹かれ合う。澪は自分の何がダメだったのかを、元春から聞いている。自分の悪い所を反省して、運命の人元春と2回目の夫婦関係をやり直すのかな」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中