2021年 10月 20日 (水)

「リコカツ」瑛太の筋肉バカぶりが最高!「待てぃっ!って高倉健か?」「北川景子が『顔がいい』だけのキャラって、まんまでは?」「『知ってるワイフ』『俺の家の話』を超えられる?」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   北川景子と永山瑛太W主演のドラマ「リコカツ」(TBS系)の初回が4月16日(2021年)放送され、タイトルがTwitterトレンド1位となる反響を呼んだ。本人同士、互いの両親、関係者...全員離婚危機で、「リコカツ」(離婚活動)に走る物語だが、とりわけ永山瑛太演じる航空自衛隊員の夫のぶっ飛んだキャラクターが「面白すぎる!」という声が殺到、Twitterでは「www」があふれかえっていた。

  • 結婚翌日から大ゲンカの2人(TBS「リコカツ」の公式サイトより)
    結婚翌日から大ゲンカの2人(TBS「リコカツ」の公式サイトより)
  • 結婚翌日から大ゲンカの2人(TBS「リコカツ」の公式サイトより)

起床ラッパの音で起こされ、家訓を唱和させられる

   物語は、ファッション雑誌編集者の水口咲(北川景子)と航空自衛官の緒原紘一(永山瑛太)は出会った途端恋に落ち、交際ゼロ日に結婚。しかし、すぐにお互いの価値観の大違いに気づき、離婚活動(リコカツ)を始める。

   出会いは3カ月前。雪山で遭難した咲を、航空自衛隊航空救難団の紘一が救助したのがきっかけ。自由奔放な咲は、不器用だが真っ直ぐな性格の紘一にひかれる。だが、厳格な自衛官一家に育った紘一には結婚式翌日から驚かされる。早朝4時に起床ラッパの音で起こされ、紘一から緒原家の家訓を唱和させられる。

   休日、紘一が外食を提案するので着飾って行くと、大衆食堂で超大盛りの定食。紘一はファッションセンスがゼロ。カーテン選びまで自分の考えを押し付けてくるため、咲の不満が爆発。紘一も「思っていた結婚生活と違う」と大ゲンカになり、離婚を言い放つ。2人は離婚を緒原家の食事会で紘一の両親に話そうとすると、母(宮崎美子)と父(酒向芳)から先に「自分たちは離婚する」と言われて困惑。さらには咲の父(佐野史郎)と母(三石琴乃)の間にも不穏な空気が...。という展開だった。

   ネット上では、まず瑛太の筋肉バカぶりに称賛の声があふれた。

   「面白かった!ラブコメはあまり期待していないけど、これはハマりそう。瑛太の筋肉バカが最高!カーテン取り寄せているのに勝手に選んで、君のイメージにぴったりだ!にツボってしまった。自分の結婚相手としたら絶対イヤですが、この筋肉バカは傍から見ていると面白いので、最後まで貫きとおしてほしい。結婚するまで相手のことを知らなかった分、リコカツしつつ相手を知っていき、最終的には離れられなくなるのがオチになりそうですが、最後が見えていても楽しめる。北川景子ちゃんのオシャレな衣装も勉強になる。憎たらしい後輩役の武田玲奈ちゃんのイヤな感じの演技が新鮮でした」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中