2021年 10月 22日 (金)

松坂桃李「今ここにある危機とぼくの好感度について」超絶面白すぎ!「今季の隠れた傑作」「桃李君の能天気なセリフ、進次郎だね~」「NHKが忖度ゼロの気合で作った」「永田町をディスってますね」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   松坂桃李主演のNHKドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」が4月24日からスタートした。初回の視聴率こそ6.3%(ビデオリサーチ調べ、世帯、関東地区)とイマイチだが、ネット上では「面白すぎる!」「今季ドラマの隠れた傑作かも」「NHKが本気で作り込んでいる」と絶賛の嵐が吹き荒れている。

   名門「帝都大学」大学を舞台に広報マンが数々の不祥事に振り回される姿を描くブラックコメディーだ。脚本を手掛けるのは連続テレビ小説「カーネーション」などで知られる渡辺あや氏。松坂桃李が、映画「新聞記者」で見せた正義感あふれる悩める官僚役とは真逆の、何も考えておらず、自分の保身ばかり考えている超薄っぺらの人間を演じるところが面白い。

  • 何も考えていない大学広報マンを演じる松坂桃李(NHKの公式サイトより)
    何も考えていない大学広報マンを演じる松坂桃李(NHKの公式サイトより)
  • 何も考えていない大学広報マンを演じる松坂桃李(NHKの公式サイトより)

「スポーツっていうのは体を動かすってこと」

   第1話では、当たり障りのない発言だけを心掛けてきたが、人気が低迷したイケメンアナウンサーの神崎真(松坂桃李)が、恩師・三芳(松重豊)の誘いで大学の広報マンに転身する。石田課長(渡辺いっけい)率いる広報課に着任早々、帝都大学の理事たちに呼び出された神崎は、スター教授・岸谷(辰巳琢郎)の論文不正を告発したポスドク(非正規研究者)木嶋みのり(鈴木杏)に接触するよう命じられる。みのりが、神崎が学生の頃ほんの一時期付き合った元彼女だったからだ。

   神崎はみのりと会い、理事たちに言われるままに、「助教のポストにつけるから、データ不正への内部告発を取り下げてくれないか」と持ち掛ける。これに対するみのりの返答が小気味よかった。「そんなクソダッサイ条件、私は飲みません!」。そして、大学新聞にデータ不正がスクープされ、一気に社会問題になる。...という展開だった。

   ネット上ではこんな称賛の声があふれている。

   「脚本とキャスティング、最高!上手い!松坂桃李さんや脇を固める渋い俳優さんたち、杏さんもリアリティが感じられ、じっくり観てしまいました。松坂さんの台詞、『あー、やっぱり僕はスポーツっていうのは体を動かすってことだと思うんです』っていうところでは、家族全員が『進次郎だね〜!』と、大笑いしました」

   「配役、脚本、演技、すべて揃ったドラマは1話目からすぐにわかるものですね。 ありそうで、なさそうで、ありふれた日常の中。でも、こういう人いる、いる、と思える。好感度と危機管理、言われてみれば相関関係なのか!と気付かされました。松坂桃李さんのちょっと頼りない、振り回される感じは本当にハマります。物事を深く考えない、先を予測しない単純な行動は、小中学生男子にありがちで、息子のようでとても愛おしい。根っからの悪になれない松坂桃李さんがこれからどうなるのか、楽しみです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中