2021年 6月 24日 (木)

路上飲みにケータリング 「OKにしたら?」は暴論か

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   木曜コメンテーターのモーリー・ロバートソンのこれは、暴論かナイスアイデアか......。政府は11日(2021年5月)までの新型コロナウイルス緊急事態宣言を延長する方向だが、締め付けるだけでなく、ある程度の感染を前提にした新しい日常を作るべきだというのだ。6日の「スッキリ」で主張した。

  • 感染対策の難しい「線引き」。
    感染対策の難しい「線引き」。
  • 感染対策の難しい「線引き」。

モーリー・ロバートソン「認めて、マナーを守ってやりましょうと...」

   ロバートソン「ガマンしてもらう、自粛してもらう、時短してもらうなら、失われる利益の何割かをリクープ(補償)するということがはっきりしていれば、街が真っ暗になるロックダウンもできると思うんです。でも、政府はその方向を嫌っているように見えます。だったら、発想を切り替えて、路上飲みに飲食店のケータリングを認めて、マナーを守ってやりましょうという開き直りも必要ではないでしょうか。ある一定の感染者はいるけれど、スマートに感染とともに暮らすという発想です。ただ、短期間に日本社会が納得してくれるかは、どうですかねえ」

   司会の加藤浩次は、そこまではいかがなものかと戸惑っている様子だったが、「江の島に車で行って、そんなに降りないで、コンビニでご飯買って、海見て帰ってきた。これはOKなの? 距離空けた公園飲みはOKなの?っていう線引きを細かくやらないと、全部ダメっていうのでは厳しいですよね」と、半ば賛成のようだ。

   坂口孝則(経営コンサルタント)「延長するなら、これまでの施策のどれが効果があって、どれがなかったのかを総括すべきです。すべて一律というのでは、ちょっと納得されない。これは人流が戻っていることにも影響していると思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中