2021年 6月 14日 (月)

「殺された方々の人権は...」 茨城一家殺傷で議論再燃

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「茨城・家族4人殺傷事件で逮捕された岡庭由征容疑者26歳。容疑者は過去に通り魔事件を2件起こし、医療少年院に入っていました。逮捕までに一体なにが...」とMCの谷原章介が切り出した。

   10日(2021年5月)の番組が取り上げたのは、2019年に就寝中の小林光則さん(48=当時)と妻の美和さん(50=同)が刺殺され、子ども2人も重軽傷を負った事件。茨城県警は7日、埼玉県三郷市に住む無職の岡庭容疑者を殺人の疑いで逮捕した。

  • 番組公式サイトより。
    番組公式サイトより。
  • 番組公式サイトより。

偽の警察手帳を作った容疑でも逮捕

   被害者との接点が確認されていないという岡庭容疑者が捜査線上に浮上してきた理由は、過去の事件だ。岡庭容疑者は10年前、高校生の時に面識のない少女2人を刃物で切り付け逮捕され、医療少年院に送致されていたのだ。

   また、警察は、2020年11月に岡庭容疑者の自宅を別の殺人予備容疑で家宅捜索していた。その時には硫黄45キロを押収し、火災予防条例違反容疑で逮捕。取り調べで岡庭容疑者は「人を殺したい衝動があるが、我慢している」という趣旨の話をしていたという。さらに今年2月には偽の警察手帳を作った容疑でも逮捕している。

   岡庭容疑者は、一体どんな人物なのか。近所の人によると、実家は「岡庭一族」と呼ばれるほど裕福で、広い土地には祖父の住む家と容疑者が家族と過ごした家の2つがあったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中