2021年 6月 24日 (木)

相葉雅紀「ヤバい。誰か止めて~」 箸止まらない「おかのり」料理とは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   <テレビで読む グルメ・食事>6日(2021年6月)放送の「相葉マナブ」(テレビ朝日系)の「産地ごはん」のコーナーでは、相葉雅紀、小峠英二、澤部佑の3人が神奈川県鎌倉市の野菜農家を訪問。珍しい「鎌倉野菜」を収穫しながら、地元農家の主婦たちからお得意の絶品料理をマナんだ。

   山と海に囲まれた肥沃な土壌で育った「鎌倉野菜」は味が濃いのが特徴。カラフルな3種類のじゃがいもや、食感は大根、味はキャベツというコールラビなどの中で、相葉くんが一番感動したのが、炙ると海苔のような香りがする「おかのり」(陸海苔)。人の手ほどの大きさの葉野菜だ。

  • テレビ朝日の「相葉マナブ」番組サイトより
    テレビ朝日の「相葉マナブ」番組サイトより
  • テレビ朝日の「相葉マナブ」番組サイトより

「韓国海苔風おにぎり」と「おかのりのバクダン丼」

   番組では、鎌倉野菜農家歴38年の石井桂子さんが「韓国海苔風おにぎり」と「おかのりのバクダン丼」のレシピを伝授してくれた。

   「おにぎり」はフライパンにクッキングシートを敷き、ごま油を引いておかのり2枚を炙り、軽く塩を振る。ラップの上に1枚を敷き、熱々のご飯を載せ、もう1枚を被せ、おかのりでご飯を包むようにラップごと握るだけ。

   「バクダン丼」は、おかのり2枚をさっと湯がいて氷水で冷やし、粘りが出るまで包丁で細かく叩く。ご飯を盛った丼の縁に沿うように湘南シラス、マグロたたき、スライスしたキュウリ、細かく刻んだタクワン、叩いたおかのりをトッピングし、しょう油をかけて好みでわさびを添える。最後に中心に温泉卵を乗せれば完成だ。一口食べて箸が止まらなくなった相葉くんが「ヤバい。誰か止めて~」と悲鳴を上げるほどのおいしさだ。

   おかのりはカルシウム、鉄分、ビタミンCなどのミネラルが豊富。プランターでも簡単に栽培ができ、種まきは4月~9月と長いので、これから植えても間に合う。枝先の柔らかい葉を摘み取れば、新芽が次々と出てくるので、長く収穫できるそうだ。

(寒山)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中