2021年 8月 4日 (水)

ドラゴン桜は「藤井くんの成長物語だったなぁ」 最終回で感動誘った場面とは

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)が、6月27日(2021年)に最終回を迎えた。(ネタバレあり)

   理系の学科を目指していた藤井遼(鈴鹿央士さん)は、1次試験の結果が振るわなかった。桜木建二(阿部寛さん)は文科3類を受けるようアドバイスしていたが、「工学部でロボットが作りたい」という目標を追うため、理科1類を受けると決意する。

  • 「ドラゴン桜」が最終回を迎えた(TBSの番組サイトより)
    「ドラゴン桜」が最終回を迎えた(TBSの番組サイトより)
  • 「ドラゴン桜」が最終回を迎えた(TBSの番組サイトより)

「俺の友達をバカにすんな」

   2次試験当日、理科2類の試験会場では、原健太(細田佳央太さん)が隣の席と後ろの席の学生に目を付けられ、イスを蹴られるなどの嫌がらせを受ける。

   休憩中、いつものように虫を観察していた健太は、その2人の学生に「お前東大なめてんの?」「動かずにいられないのかよ」などと絡まれる。弁当を食べながら健太の様子を見ていた藤井が立ち上がるが、桜木の

「明日と明後日の2日だけは自分のことだけ考えろ。本番は何が起きるかわからない。周りは気にせず自分に集中するんだ」

との言葉を思い出し、一度は踵を返す。しかし学生が健太に放った「虫けら野郎!」の言葉に激昂し、

「おい、おいふざけんなよ!何してんだよ。何も知らないくせに俺の友達をバカにすんなよ!お前らみたいな性格の悪いやつは東大に受からねえんだよ。お前らが落ちて健太は受かる」

と突っかかっていく。

   「意味わかんねえ。行こうぜ」と去ろうとする学生の首根っこをつかみ「健太に謝れ!」と言うが、はねのけられた拍子に右手を地面につき、藤井は手首をケガしてしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中