2021年 8月 4日 (水)

高級車を盗むのは簡単? 「CANインベーダー」防止法を夏目三久が紹介

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   MCの夏目三久が「タブレット1つで高級車を盗む窃盗事件が相次いでいます。『CANインベーダー』と呼ばれる手口で、窓も割らず鍵も壊さず、タブレットを操作するだけで盗むということです」と16日(2021年7月)の放送で紹介した。

   続いて日比麻音子アナが「ほんの10分で高級車を盗んでしまうこの犯罪をどう防げばいいのでしょう」と言い、2日に千葉・木更津市で撮られた防犯カメラ映像を紹介した。

  • 愛車を守るには(写真はイメージ)
    愛車を守るには(写真はイメージ)
  • 愛車を守るには(写真はイメージ)

コンピューター管理を悪用

   映像は深夜0時過ぎ、雨の中傘もささずに自動車販売店に侵入する男。車のフロント部分で何やら作業を始めた。数分後、鍵がかかっているはずのドアが開き、ブレーキランプが点灯。男は販売店の車止めのポールをどけて鎖を外すと車に乗り込み、走り出していった。盗むまでの時間はわずか10分ほどだった。

   盗難に遭った販売店の店長は「盗まれたのはアルファードをLM350というレクサス仕様に変えたもので販売価格は840万円」と話す。盗難の手口は「CANインベーダー」だった。

   日本カーセキュリティ協会の撹上智久代表理事は「今の車のほとんどはコンピューターで管理されている。このコンピューターに入りこむことによってドアロックの解除、エンジンのスタートまでできてしまう」と話す。この手口がここ数年、増加しているという。

   続いて、2月に名古屋の住宅地で撮影された防犯カメラ映像が紹介された。映像では男がバンパー部分に何かを差し込み、細工している様子が見える。まもなく男は車に乗り込み駐車場を出ていった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中