2021年 9月 18日 (土)

玉川徹「菅総理に危機感が感じられません」 東京などで過去最多の感染確認

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナウイルス感染が、オリンピックの真っ最中に恐ろしいことになりそうだ。きのう27日(2021年7月)の新規感染者数は東京2848人、埼玉593人、沖縄354人と過去最多となり、おととい過去最多を更新した千葉県の熊谷俊人知事は「東京の感染が全国に広がっている」と危機感を強めている。千葉、埼玉、神奈川の首都圏3県は、政府に緊急事態宣言の発令を要請する準備にはいった。

  • 菅首相の認識に異論も
    菅首相の認識に異論も
  • 菅首相の認識に異論も

新型コロナ危機をトップで扱う

   けさ28日の「モーニングショー」も、日本中が大喜びしているソフトボールの金メダルではなく、新型コロナ危機をトップで取り上げた。「松本先生、この状況はいかがでしょうか」と司会の羽鳥慎一が国際医療福祉大学の松本哲哉主任教授に聞いた。

「きのうの数字は、4連休で検査を受けられなかった人がまとまって受けたので増えた可能性もありますが、先週に比べて2倍ということですから、感染が急拡大していることは間違いありません。厳しいですね。今後、東京の感染者数は3000人、4000人が当たり前になるということです」

   2倍に急増した陽性者たちの中には、先週の4連休に旅行に行ったり、繁華街に出かけたりした人も多いだろうから、そこでさらに感染を広げ、それが2週間後の8月第1週、つまり、オリンピック閉会式前にドーンと出るということなのか。東京都はその事態を見越して、8月初めまでに特定機能病院のコロナ病床を増やし、予定手術の延期、一般診療科の停止を要請した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中