2021年 9月 24日 (金)

佐賀県の六角川が氾濫 「めざまし8」が伝えた現地の様子

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   お盆の日本列島を襲った記録的豪雨。九州地方をはじめ全国各地で河川の氾濫や土砂崩れなどの災害を引き起こした。おととい14日(2021年8月)には佐賀県武雄市や大町町で六角川が氾濫、住宅浸水のほか、順天堂病院が孤立する被害も出た。

  • 大雨への警戒が呼びかけられている
    大雨への警戒が呼びかけられている
  • 大雨への警戒が呼びかけられている

被害は全国各地でも

   現地で何が起こっているのか。「めざまし8」の取材班は武雄市に向かったが、いたるところで通行止めが発生し、なかなかたどり着けない。武雄市の手前、大町町でも濁流の中、ロープを伝って避難する住民たちの姿もみられた。16時、ようやくたどり着いた六角川周辺は見渡す限り町が水没。

   さらに取材中も山から浸水地域に濁流が流れ込んでいく。番組では、浸水状況を記録する定点カメラ画像も紹介したが、そこにはわずか6時間ほどで水位がみるみる上昇していく光景が映し出されていた。

   六角川は2年前にも氾濫が起きている。前回被害後に敷地を1.5メートルほどかさ上げし、1カ月前に建て替えが済んだばかりの住宅でも浸水被害が発生。住民からは「今は何も考えられない」という声もでている。

   このほか、被害は全国各地で発生している。15日早朝5時半頃、長野県岡谷市では住宅の裏山が崩れ、子供を含む親子3人が死亡したが、岡谷市で避難指示が出たのは土石流発生後の朝6時だった。近所の人は、被害にあった住宅は普段人が住んでおらず、お盆のお墓まいりで親族が来ていたのではないかと話す。

   岐阜県下呂市では、飛騨川の増水で先月豪雨災害から復旧したばかりの国道が再び崩落。長崎県雲仙市では土砂崩れに家族3人が巻き込まれ、死者1人、不明2人の被害が出ている。島根県の江の川でも氾濫が発生した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中