2021年 9月 22日 (水)

酒販売&「密」愛知のフェスに批判殺到 一方、谷原章介は「医療体制整備」を問題視

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大声をあげて熱狂する観客がひしめきあうステージ前。飲み物の缶を片手にイベントを楽しむ観客の口元にはマスクはない。まるでコロナ前の光景のようだが、「めざまし8」が紹介した映像は、一昨日の29日(2021年8月)に愛知県常滑市で開催されたヒップホップ系野外フェスの様子だ(番組ではフェス名には触れず)。

   愛知県は27日に緊急事態宣言の対象となったばかりで、県は主催者側に酒自粛や感染防止対策の徹底を5度にわたって求めてきたが、会場では酒も販売されていた。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

大村知事「極めて遺憾」

   愛知県民からは「緊急事態宣言が出たばかりで考えられない感覚」「医療職ですが、ああいうことをされるのは悲しい、自分勝手」「言語道断」などの声が。

   愛知県の大村秀章知事は「守られていないことは極めて遺憾、厳重に抗議したい」と怒りの会見。常滑市の伊藤辰矢市長も「非常にありえない状況、強い憤りを覚える」と、今後、市の施設でのイベントを認めない方針だ。

   主催者のホームページにはマスク着用やソーシャルディスタンスなどについての記載があり、イベント中も「ここで中止しようと思えば中止できる」と頻繁に注意喚起していたが、参加者に話を聞くとあまり効果はなかったという。

   出演したZeebraさんが「開けてみたら危険な状況でした。そもそも出演すべきでなかったという意見もごもっともだと思います」と謝罪のツイートを行ったり、今回のイベントに出演していないSEAMOさんが「あれやられたら僕らの苦労が一瞬で水の泡になる」とコメントしたりするなど、アーティスト側にも波紋が広がっている。

   番組では感染対策を徹底したライブとして、今年5月に開かれた「0.1gの誤算」のライブ映像を紹介したが、1000人が入る会場に観客は60人、着席したまま激しく頭を振って楽しんでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中