2022年 1月 22日 (土)

8歳死亡ボート事故で会社役員逮捕 加藤浩次「前を見ていたらわかる」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   1年前の2020年9月、福島県の猪苗代湖を大型ボートで疾走中に3人に衝突、死傷させたとして東京都中央区の会社役員、佐藤剛容疑者(44)がおととい14日(2021年9月)、業務上過失死傷の疑いで警察に逮捕された。16日の「スッキリ」でも伝えた。

   巻き込まれた当時8歳の児童が死亡、母親も両足切断。大型ボートは猪苗代湖協議会が「徐行すべき」と定めた湖面でスピードを出していた。佐藤容疑者は「覚えがない」と否認している。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

「逮捕まで1年かかったのは?」

   地元の男性は「霧もなく、波も立っていなかった。人がいたのは見えると思う。船舶操縦に過信があったのではないか」と話した。

   司会の加藤浩次「逮捕まで1年かかったのは?」

   船体の調べに時間がかかったらしいが、ボートには容疑者の知人10人が乗っており、操縦者も搭乗者も異常に気づかなかったというのか。

   坂口孝則(経営コンサルタント)「難しい話ではなく、すごい事故が自分が通った時間に近い場所で起きたらしいのなら、普通は気が気でないはずだ」

   加藤「前を見ていたらわかる。そこですよね」

   それでも警察はよく捜査した。容疑内容が事実なら、搭乗者をふくめて、情状酌量の余地はないだろう。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中