2021年 10月 23日 (土)

プレッシャーを和らげてくれたメリーさんの思い出-渡辺さん、京都へ行きましょう

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   先週に引き続いて、私が今も大切にしているメリー喜多川さんとの思い出についてお話ししたいと思います。

   1997年8月、(以前にこのコラムに書きましたが)私は日本テレビの氏家斉一郎社長(当時)の命令で9月から営業局ネット営業部長(番組を売る責任者)の任に着く前のことです。私と家内は、メリーさんから「京都に行きましょう」と誘われました。

   それは、京都で東山紀之君の舞台をやっていたからです。

   私は、事前に営業局のスタッフからもらった料金表(どの番組が、どこのスポンサーに売れているかを書いた表)を、京都へ向かう新幹線の中やホテルで見ていました。

  • 思い出に残る旅になりました(写真はイメ―ジ)
    思い出に残る旅になりました(写真はイメ―ジ)
  • 思い出に残る旅になりました(写真はイメ―ジ)

京都でメリーさん、東山紀之君、森光子さんとおでんを楽しむ!

   東山君の舞台が終わると、有名なおでん屋さんに招かれました。店に行ってみると、メリーさんと、以前仕事でお付き合いがあった森光子さんと東山君がいて、楽しいひとときを過ごしました。

   そのとき、東山君が「今日は、渡辺さんが来ているから、舞台で24時間テレビ(1992年から自分がプロデューサーを担当していました)のことを、話しましたよ」と言ったので、彼の心遣いを嬉しく思いました。

   翌日、昼食に玉子丼の美味しい店に招かれて行くと、メリーさんと、森光子さんがいて素敵な時間を過ごしました。店の雰囲気も良くて、幸せな気分になりました。

   この京都への小さな旅は、ネット営業部長職へのプレッシャーを和らげてくれ、新たな気持ちで頑張ろうと思わせてくれたのです。

   メリーさんは、2日間仕事のことは、何も言わずに笑顔で接してくださいました。優しい人でした。メリーさん、本当にお世話になり、ありがとうございました。心からご冥福をお祈りいたします。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中