2023年 1月 31日 (火)

「黒塗りの人物」はバタコさん?それとも... 「真犯人フラグ」考察合戦

40th Anniversary Adventurers Stone

   連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)が、10月10日(2021年)にスタートした。

   企画・原案の秋元康さんをはじめとする、同枠で19年4月から9月まで放送された「あなたの番です」制作スタッフが再集結して送る2クール連続のミステリードラマ。マイホームの工事が始まり、幸せいっぱいな様子の相良凌介(西島秀俊さん)の妻・真帆(宮沢りえさん)、娘・光莉(原菜乃華さん)、息子・篤斗(小林優仁さん)の突然の失踪から話が始まる。

  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
    日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより

謎の女の人違いは「関係ない」?

   凌介が金曜日の夜に帰宅すると、家族3人はまだ帰っていなかった。凌介はみんなで映画でも観に行ったのかと思い、この日オープンした同級生・日野渉(迫田孝也さん)のバーに顔を出し飲酒していた。

   しかし深夜に帰宅しても3人はおらず、翌朝になっても連絡もない。炊飯器を見ると、12時間前に炊きあがったご飯がそのままになっていた。

   凌介は真帆の実家や同じマンションに住む真帆のママ友・菱田朋子(桜井ユキさん)とその息子・清明(桑名愛斗さん)、篤斗の小学校の教師や光莉の高校の同級生にも聞いて回ったが、全員特に心当たりはないという。ただ失踪の前日、真帆は凌介に「明日はスーパーのパートが遅番」と話していたが、凌介が店で確認すると、失踪当日は真帆は早番だったことが判明した。

   篤斗に持たせていた「見守りGPS」が通っているサッカー教室にあるとわかり、凌介は真帆の父・館野三郎(浜田晃さん)とともに教室に出向く。しかしGPSが床に落ちていただけで3人はいなかった。サッカー教室のコーチ・山田元哉(柿澤勇人さん)は、失踪の当日、篤斗が忘れ物をしたと言って夕方に教室に来たが、17時半頃に帰ったと凌介に話した。

   警察署に行っても「プチ家出では」などと取り合ってもらえず、凌介は同級生で雑誌「週刊追求」編集長の河村俊夫(田中哲司さん)に相談。失踪当日の変わった出来事として、凌介は駅で謎の女(生駒里奈さん)に

「先生!偶然!もうひどいですよ、酔っ払って駅に放置とか。らっきょう、どうしました?持って帰りました?」

と人違いで声をかけられていたことを話したが、河村は「関係ないか...」とつぶやいただけだった。

「#炊飯器失踪」として話題に

   失踪から3日後、週刊追求のデジタル版に「炊飯器の謎...幸せ一家の母子3人が忽然と消えた!!残された夫 悲痛の訴え」のタイトルで記事が公開される。住宅メーカー「住愛ホーム」で凌介の家を担当する林洋一(深水元基さん)も一緒に写った、工事現場を背景に撮影した家族写真も掲載された。SNSでは「#炊飯器失踪」というハッシュタグが作られ、トレンド入りする話題となった。

   情報が寄せられるかと思いきや、失踪当日にバーで凌介と日野が2ショットを撮影、バーのSNSに日野が投稿していた写真がネットユーザーに見つかり、「あのダンナ、家族消えた夜に酒飲んでんぞ」「自作自演ってこと?」など、凌介が怪しまれる事態に。

   さらにYouTuberのぷろびん(柄本時生さん)が自身のチャンネルで「炊飯器失踪」を取り上げ、「旦那がかわいそうって話題になってっけど、お前ら全員騙されてっから。これ全部、旦那の陰謀」との考察を展開。凌介と日野の2ショットに写っていたボールペンから、凌介の勤務先「亀田運輸」も特定されてしまった。

   凌介の同僚の1人には二宮瑞穂(芳根京子さん)がいる。社内で「バタコさん」と呼ばれるクレーマー・木幡(こばた)由実にも上手く対応するなど、頼りになる仕事人として職場で重宝されている。

   ある夜、凌介が瑞穂と2人で残業していたところに、配送スタッフの望月鼓太朗(坂東龍汰さん)が「これ戻ってきちゃいましたよ、宛先不明で」と、差出人が凌介になっている荷物を持ってくる。心当たりがない凌介が荷物を開けると、「お探しのものです」と書かれた紙が張られた発泡スチロールの箱が入っていた。

   ふたを開けると、篤斗が着ていたのと似た、背番号10のサッカーのユニフォームを着て凍死しているとみられる人が。2人は驚きと恐怖で絶叫――というところで1話が終わった。

キービジュアルに注目集まる

   初回からたくさんの人物が登場し、ツイッターなどでは早くも「真犯人は誰なのか」との考察が多数書き込まれている。

   特に注目されているのが、ドラマ公式サイトのトップページで公開されているキービジュアルだ。相良一家を含む登場人物23人の顔写真が掲載され、中央の凌介の周りには凌介を指すように指が22本配置されている。しかし23人のうち1人、左上に掲載された人物の写真だけ、顔が黒く塗りつぶされているのだ。

   この「黒塗りの人物」がカギを握るのでは、という声が多く、特に

「真犯人フラグの左上の人は、亀田運輸のクレーマーの人じゃないかなーと思ってる」
「左上の隠れてるのバタコさんじゃない?クレーマーの木幡さんだっけ?」
「この左上の謎の人が、クレーマーの小幡由実なのでは?女性っぽいし。今後キーパーソンなのかも」

など、初回で名前と声は登場するも顔は映らなかった、クレーマーの「バタコさん」ではないかと見る向きが目立っている。

(TT)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中