2021年 12月 7日 (火)

杉咲花と杉野遥亮のラブコメ、2人の演技に拍手!「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   今回も、この10月期の連続ドラマの中から面白いと思ったものを紹介します。

   このクール(10月~12月)は、出来の良い作品が多いです。

   10月6日、水曜日の午後10時から、日本テレビで始まった「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」も興味深い作品です。

   主人公の赤座ユキコ(杉咲花)は、盲学校高等部3年生で、「光と色がうっすらわかる」「ルーペを使えば大きい字を認識できる」程度の弱視です。小さい頃に母を病で亡くし、父と姉との3人暮らしです。ユキコ(杉咲)は、ひょんなことからヤンキーの黒川森生(杉野遥亮)と出会い、次第に、彼の真っ直ぐさに惹かれるようになります。

   ヤンキーの黒川(杉野)は、顔にケンカでつけた傷があり、短気で攻撃的な性格ですが、根は純粋な男です。ユキコ(杉咲)と出会い、あっという間に恋に落ちます。

  • 日本テレビの「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」番組サイトより
    日本テレビの「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」番組サイトより
  • 日本テレビの「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」番組サイトより

ワルだけど純粋な黒川と、勝気で明るいユキコの恋の行方に目が離せない

   出会った時のことですが、ユキコは、いつものように白杖をついて、学校へと急いでいました。朝からツイてないこと続きで、時間は遅刻寸前。そんな日に限って、点字ブロックの上で話し込む男たちに遭遇してしまうのです。

   どいて欲しいと頼むユキコですが、相手は有名な札付きのヤンキーの黒川とその仲間でした。白杖を掴まれて、反射的に蹴り上げたユキコの足が、偶然にも黒川の股間にヒットしてしまいます。悶え苦しむ黒川を心配し、顔をよく見ようと覗き込むユキコ。その瞬間、ユキコの顔の近さに驚いた黒川は、恥ずかしさから思わずフリーズしてしまいます。黒川の中で「何か」が始まります。

   原作はうおやま氏による漫画です。余りない設定ですが、リアリティを持って見ることができます。白杖ガールのユキコがとても明るくて、勝気なのです。ヤンキーの黒川も、世間を拗ねたワルにも見えますが、根は本当に純粋です。

   ぶつかりながらも少しずつお互いを理解し、その距離を縮めていくユキコ(杉咲)とヤンキー(杉野)の2人が、役になりきって上手いのです。視聴者はぐいぐい引き付けられてしまいます。そして、見ていて、本当に心が温かくなってくるドラマです。

   2人の恋が本当に成就するのか、最終回まで目が離せない作品です。

   地上波では、音声によるガイドがついた解説放送も実施され、視覚に障がいのある方も楽しめる配慮がされています。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中