2022年 1月 23日 (日)

小室圭さん「ダース・ベイダー」チラ見せ その意図は?安住アナ「意味深だなと」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   10月26日(2021年)の結婚後、都内マンションで渡米の準備を行っていた秋篠宮家長女の眞子さんと小室圭さん夫妻。渡米直前の11月12日夜には圭さんが都内法律事務所で母親の元婚約者と面会、約400万円の解決金を払うことで合意する一方、眞子さんは13日午後に赤坂御用地を訪れるなどあわたただしいスケジュールをこなし、14日午前、羽田空港を出発した。当初2人はエコノミークラスで予約をしていたが、全日空は他の乗客に配慮して座席をビジネスクラスに変更。およそ13時間のフライトの後、日本時間昨日午後10時40分頃に米ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に到着した。

   一般客とは異なるルートでロビーに現れた2人は、「長旅お疲れ様でした。新生活に向けての抱負を一言伺えますでしょうか」という取材陣の呼びかけには一切答えず、軽く会釈をしながら建物を後に。ニューヨーク市警が警備する中、事前に手配された車に乗り込んでいった。今後圭さんはニューヨークで働きながら来年2月の試験合格を目指し、眞子さんはそんな圭さんを支えながらの新生活を始めることになる。

  • 小室圭さん
    小室圭さん
  • 小室圭さん

「意地悪かと思いますが...」

   そんな中で15日の「THE TIME,」が注目したのは圭さんのラフな服装。「ニューヨークでいよいよ新生活が始まるということで、高揚感が伝わってきましたね」と言いながら司会の安住紳一郎が取り出したのはトレーナーを着せられたボード。一部スポーツ紙でも注目されていた、圭さんのダース・ベイダーチラ見せコーデをスタジオで再現したものだ。

   安住紳一郎が「Tシャツの柄が意味深だなということで気になりますよね。ダース・ベイダー、ちょっと出すってのはどんな意味かなと。意地悪かと思いますが番組でもこういう演出考えました」とジッパーを下ろす。見えてきたのはダース・ベイダーのイラストと解説文。そこには「映画『スターウォーズ』の『ダース・ベイダー』は身分の違う元王女と恋に落ち、掟を破って極秘で結婚するものの、愛する妻の危機を示す夢を見て、なんとしても救いたいという思いからダークサイドに転落するというストーリーだということです」。

   安住紳一郎「こういうメッセージを伝えたかったのかなと深読みまでしてしまいます。(この再現のために)トレーナーを脱がされたスタッフが一人います」

   宇賀神メグアナウンサー「かわいそう。戻しておいてあげてください」

(みっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中