2021年 12月 3日 (金)

<1年前のワイドショー> 「マスク会食」は食事の新常識だったのか 当時も「無理」と違和感

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   <1年前のワイドショー> 昨(2020)年は11月21日から3連休、さらに年末年始を控えてコロナの感染拡大が懸念された。そんな中、政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長が身振り手振りで説明した「マスク会食」が話題に。

  • マスクと食事の関係に注目が集まっていた
    マスクと食事の関係に注目が集まっていた
  • マスクと食事の関係に注目が集まっていた

「でも、集中できない」の声も

   当時の(J-CAST)テレビウォッチ・ワイドショー通信簿では、「尾身会長『食べるときだけマスク外して』って無理?」(16日、フジテレビ系「とくダネ!」)、「『マスク会食』番組が検証、飛沫防ぐ効果は絶大! 立川志らく『でも、集中できない』」(17日、TBS系「グッとラック!」)などと違和感を訴えていた。感染者が激減した今(2021年11月)では、飲食店でアクリル板の設置や換気の徹底などの感染対策もすすみ、マスクをはずして会食する人が多くなっている。

   ファイザーとモデルナのワクチン開発が急ピッチで進められ、相次いで臨床試験に成功したのも去年の今ごろ(11月)だ。ワイドショー通信簿で取り上げた一つは、「ファイザーとモデルナのコロナワクチン、実は遺伝子から『RNA』を抽出した新タイプの優れもの!」(18日、テレビ朝日系「モーニングショー」)で、ウィルスの遺伝子からRNAを取り出して体内に送り込む「メッセンジャーRNA」の仕組みを詳しく解説した。東京大の片岡一則名誉教授は、がんやアルツハイマー病の治療にも研究が進んでいるといい、「近い将来に実用化できると思う」。

(ムギ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中