2021年 12月 8日 (水)

値上げラッシュ、いつまで続く? 「THE TIME,」での分析は...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ガソリンや灯油の値段が高止まりしているが、司会の安住紳一郎は「この影響でさまざまな商品の値上げラッシュが続いています」と24日(2021年11月)に伝えた。

  • さまざまな商品の値上げが続いている
    さまざまな商品の値上げが続いている
  • さまざまな商品の値上げが続いている

「給料が付いてきてない」の声も

   吉野家は先月から、店頭売りの牛丼並盛を39円値上げした。びっくりドンキーもサラダやドリンクなどを平均25円の値上げ。カルビーはポテトチップスなどを来年1月から7~10%アップする。味の素は一部冷凍食品、キッコーマンは14年ぶりにしょうゆ、アヲハタは9年ぶりにジャムを値上げする。

   クリスマスケーキも高くなりそうだ。都内の高級洋菓子店はこう話す。「洋菓子というのは、材料のほとんどはヨーロッパから仕入れたものを使います。小麦、アーモンドパウダー、チョコレートなど、すべてが値上がりしています」と話す。クリスマス用のホールケーキは、1個100~200円の値上がりになりそうだという。

   さらに、円安も進んでいるので、輸入の食品や生活用品などの値段も上がりそうだ。この値上げラッシュ、いつまで続くのか。第一生命研究所・主席エコノミストの永濱利廣さんは「来年(2022年)4月頃には落ち着くでしょう」と見ているが、街では「給料が付いてきてない」「給料は上がらないので、全然ものとか買えない」という悲鳴が聞こえてくる。企業の内部留保は過去最高になっているのだから、この冬のボーナスはド~ンと出してよ!

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中