2021年 12月 6日 (月)

京都の観光、大混雑 羽鳥慎一「インバウンドなしなのに、これ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   京都が観光客であふれかえっている。「今年はちょっとした異変が起きています」と、24日(2021年11月)のモーニングショーで司会の羽鳥慎一が大混雑を伝えた。

   きのう朝の京都駅前バスターミナルは、観光スポットに向かう長蛇の大行列ができた。ざっと200人が並んだバス停も。やっと乗っても扉が閉まらない場面もあった。

  • 京都観光がにぎわっている(写真はイメージ)
    京都観光がにぎわっている(写真はイメージ)
  • 京都観光がにぎわっている(写真はイメージ)

「日帰りがメイン」指摘も

   清水寺周辺はとりわけ渋滞し、坂は人ですし詰め状態。「すごいな」「まじヤバい」の声も出ていた。

   嵐山周辺も渋滞で、駐車場はどこも満員。渡月橋は人の流れが一時止まり、近くの交差点では歩道からはみ出す人も。カフェ店主は「大繁盛です。(売り上げは)低いときの10倍以上です」と話した。

   紅葉名所の東福寺は、切符売り場に30メートルの列。橋や階段の撮影スポットは大混雑で、スタッフが「立ち止まらないでください」の声を張り上げていた。金運向上で知られ始めた金色鳥居の「御金神社」周辺の住宅街も人であふれた。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「京都には(学生時代に)6年間住んだけど、こんな行列はなかった。住む人は大変だと思います」

   羽鳥「いやあ、みなさん、抑えていたものが収まってきたから『よし』の面もあるのでしょうか。外国人客のインバウンドなしなのに、これですからね」

   ただ、「日帰りがメイン」(京都市観光協会の担当者)、「消費価格帯が安い。100%の回復までには時間がかかる」(ホテル支配人)ともいう。

   羽鳥「1月にもといわれるGoToキャンペーン実施でどうですかねえ?」

   そのころの感染状態にも気をつけたい。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中