2022年 1月 28日 (金)

勇ちゃん(村上虹郎)の優しい決断 安子(上白石萌音)に明るい未来がカムカム? 【カムカムエヴリバディ】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   <朝ドラ 今週の山場は?> 今週の気になるシーンは、11月29日(2021年)の勇ちゃん(村上虹郎)の優しさがあふれた場面。

   稔(松村北斗)の戦死から時が経っても、安子(上白石萌音)は妻として、母として雉真家で稔を想い続けていた。悲しさがぬぐえない日々のなか、娘・るいの成長が安子にとって唯一の心の支えだった。

  • NHKの「カムカムエヴリバディ」番組サイトより
    NHKの「カムカムエヴリバディ」番組サイトより
  • NHKの「カムカムエヴリバディ」番組サイトより

美都里は安子を追い出そうと...

   そんななかで義母の美都里(YOU)は安子に辛くきつく当たるようになる。息子を亡くした姑の気持ちもよくわかるが、稔の妻として安子は強気にふるまう。しかし美都里は安子を疫病神扱いして雉真家から追い出そうと千吉(段田安則)に持ちかけてしまう。

   るいを雉真家に残して出ていけというのは鬼姑。しかし当時はそれほど珍しい話ではなかったのだろう。それにしても美都里の荒ぶる様子はオカルト風で「待ってました」とばかり。朝ドラなのでおどろおどろしいほどまではなかったのでちょっと残念か。YOUさんのリアルな恐怖を見たかった。

   しかし出て行けって言ったって生活費どうするの?一文無しでは出ていけないでしょう。千吉さんも再婚しろと言いっぱなしだし。そう思っていると、勇ちゃんが英断。安子にお金を渡しながら、るいと2人だけの暮らしを提案。半狂乱の母親と同居は難しいし、安子がるいと離れて暮らすことも残酷と考えたのでしょう。さすが優しい同級生だ。「勇くん、最高の勇気を振り絞ってくれましたね」「勇の優しさ身にしみる...」と勇ちゃんへの反響が大きかった。

   勇ちゃんが野球を断念するほかないのは残念だし辛いことだけど、立派な経営者になってもらいたい。そして安子のことをときどき気にかけて助けてあげてほしい。

   これからは、安子とるいの新しい生活が始まるが、辛く苦しいことが多そう。でも明るい未来がきっとカムカムなのである。美味しそうな和菓子のシーンも見られるかな。

(Y・U)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中