2022年 1月 26日 (水)

「スチュワーデスって聞いたことないんだあ」 みちょぱ反応に加藤浩次しみじみ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   三省堂の国語辞典が8年ぶりに改訂されて、新たに3500語が追加された一方で、約1100語が削除された。「スッキリ」の岩田絵里奈アナが9日(2021年12月)、「消えた言葉にはこんなものがあります」と取り上げた。

  • 三省堂の新しい国語辞典(三省堂サイトより)
    三省堂の新しい国語辞典(三省堂サイトより)
  • 三省堂の新しい国語辞典(三省堂サイトより)

国語辞典から消えた言葉

   スッチー、テレカ、トラバーユ、パソコン通信、ピッチ、プロフ、MD、携番、伝言ダイヤル......。みちょぱ(池田美優・タレント)は「スッチーってキャビンアテンダントのことでしょ」というところまではよかったが、「ええ、以前はスチュワーデスって言ってて、その略なの!?」と目を丸くした。司会の加藤浩次は「スチュワーデスって聞いたことないんだあ。じゃあ、(辞典から)消えても仕方ないね」

   テレカはテレホンカード、トラバーユは転職、ピッチはピーエイチエス(PHS)、プロフはプロフィール、MDはミニディスク、携番は携帯電話番号のことだが、たしかにいまや死語で、パソコン通信や伝言ダイヤルはサービスそのものがない。「災害のときの伝言ダイヤルはありますけどね」(森圭介アナ)

   岩田が「ほかにもこんなのも消えました。歌本! 歌謡曲が載っている分厚い本です」と紹介すると、加藤は「カラオケに置いてあったやつね」と懐かしそうだ。曲選びのために曲名と選曲番号が並んでいる一覧本で、電話帳ほどの厚さと大きさだった。端末入力になって役目を終えた。

   「では、顔を黒く焼いたり、ファッションが派手な女子高生は?」と振られたみちょぱは「ヤマンバ? クロギャル?」。答えは「コギャル」だった。

   岩田「こうやって時代は変わっていくんですね」

   そもそも、紙の辞書・辞典が風前の灯火である。書店には17日から並ぶ予定だ。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中