2024年 2月 23日 (金)

「食べログ」に賠償命令 弁護士も「ビックリ」の理由 (スッキリ)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   辻岡義堂アナが「焼肉チェーン店の運営会社・韓流村が、不当な評価をされたとして食べログ側を訴えていた裁判の判決が6月16日(2022年)に出ました。異例ともいえる判決のカギとなったのは独占禁止法でした」と「スッキリ」で17日に紹介したニュース。東京地裁は、食べログが星評価を下げるアルゴリズムを変更したことが独占禁止法に違反するとして、3840万円の賠償を命じた。

  • 評価点をチェックすると…(写真はイメージ)
    評価点をチェックすると…(写真はイメージ)
  • 評価点をチェックすると…(写真はイメージ)

「独占禁止法に違反」の判決

   食べログは掲載店舗数82万店、月間に約8700万人が利用する口コミグルメサイト。多くの人が食べログの評価点を参考にして店選びをしており、大きな影響力を持つサイト。

   韓流村では食べログの評価を記録しており、2019年に口コミ投稿の変化がないのに、3.5以上あった評価点がチェーン店であるという理由で3.2~3.0に下げられていた。同チェーンでは来客の6~7割が食べログを利用しており、評価が下がったことで、運営28店舗で売り上げが約2億円落ちたという。

   東京地裁は「食べログ側が不利益な要請を行っても、店側は受け入れざるを得ない」と指摘したうえで「アルゴリズムの一方的な変更は優越的地位の濫用に当たり、独占禁止法に違反する」とした。食べログ側は、判決は不当と控訴している。

   独禁法に詳しい平山賢太郎弁護士は「ビックリしました。独占禁止法が食べログに使えるということ、そして裁判に勝てるんだということがはっきりしたことは、とてもインパクトのあることだったと思います」と話す。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中