2022年 12月 3日 (土)

「六本木クラス」のラスト「ラブラブ」シーン 韓国「梨泰院~」と比べ、どちらが良かった?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   木曜ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)が9月29日(2022年)に最終回を迎え、宮部新(竹内涼真さん)と麻宮葵(平手友梨奈さん)の恋の行方にツイッターなどが盛り上がった。(ネタバレあり)

   長屋龍河(早乙女太一さん)に拉致された葵は、長屋龍二(鈴鹿央士さん)の助けで逃げ出そうとするも、ナイフを持った龍河に追い詰められてしまう。

  • 竹内涼真さん(写真:アフロ)
    竹内涼真さん(写真:アフロ)
  • 竹内涼真さん(写真:アフロ)

「俺の人生に、最高の幸せをくれたのは、葵だ」

   新も銃撃を受け負傷した身だったが、長屋茂(香川照之さん)に土下座して聞き出した龍河の居場所に駆け付け、フェンスをよじ登ろうとして落下した葵を抱き止める。葵は「もう、死んじゃったと思ったじゃないですか!」と、新を強く抱きしめた。新は「会いたかった...会いたかった」とつぶやいて葵の頭を撫で、「何でだ?頭の中、葵でいっぱいだ。俺の人生に、最高の幸せをくれたのは、葵だ」と、葵を抱き返した。

   そこに龍河が襲いかかってきて、新は「大丈夫。俺を信じて行け。頼むから」と葵を先に帰そうとする。葵は「代表が死んだら、私も死ぬから」と言い残してその場を去った。

   新は傷だらけになりながらも一命を取り留め、内山亮太(中尾明慶さん)、松下博嗣(緒形直人さん)とともに駆け付けた葵を見て、「これからは、幸せになろう...」と心の中でつぶやき、葵の肩に頭を預けて目を閉じた。

   葵の母、英里子(堀内敬子さん)は「うちの娘をこんな拉致事件に巻き込むなんて一体どういうこと!?」「ちゃんと責任取ってちょうだい」と、厳しい口調ながら新と葵の関係を認める。英里子の言葉にうなずいた新に、葵は

「さっき、責任取るって言いましたよね。私のこと、好きですか?」

とたずねる。「いや...愛してる」とつぶやいた新に、葵は目を輝かせ、「ちょっとよく聞こえなかった!もう1回言ってください!」とじゃれついた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中