奈緒演じる「ファーストペンギン」に魅了される

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   10月5日の22時から日本テレビ系で放送している「水曜ドラマ」枠の「ファーストペンギン!」を見ました。

   「ファーストペンギン」とは、リスクを顧みず、いの一番にチャレンジする勇気を持つ勇敢なペンギンのことです。

   そんなファーストペンギンのような主人公・岩崎和佳(奈緒)は、5歳の息子を育てる、「金なし」「家なし」「仕事なし」のシングルマザーです。息子と共にやって来た、さびれた港町に、ホテルの仲居として働き始めたある日、漁師の片岡洋(堤真一)と出会い、「あんたにこの浜を立て直してもらいたい」と、1万円を渡されます。アジとサバの違いもわからないような、素人の和佳は、漁師達のリーダーとなり、漁業の世界へ飛び込むことになり、漁師達とぶつかり合いながらも、彼らの夢を背負う奮闘の日々が始まるのです。

  • 日本テレビサイトの「ファーストペンギン!」ページより
    日本テレビサイトの「ファーストペンギン!」ページより
  • 日本テレビサイトの「ファーストペンギン!」ページより

アジとサバの違いもわからないのに漁業に飛び込む

   片岡(堤真一)は、亡くなった妻との間に3人の子供を持ち、和佳(奈緒)に初めて会った時、彼女に妻の面影を見ます。馬鹿正直な、親分肌です。

   和佳(奈緒)は、アジとサバの違いもわからず、母子共に魚嫌いだったのが、この浜の魚を食べてみたら、うまかったのです。「頑張ってみよう」という気持ちになった和佳は、いろいろな過程を経て、鮮魚直売事業「お魚ボックス」の実現に奮闘します。

   主人公の和佳を演じる奈緒が、良いのです。次々に起こる障害にもめげずに、明るく立ち向かって行きます。学生の時に、判断を誤って、「長い物には巻かれろ」といった行動をとったことがあり、その反省を忘れていないのです。

   片岡(堤真一)達も、和佳(奈緒)の提案にとまどったり、反抗したりしながらも、何とかこの浜を良くしようと努力していきます。実話をドラマ化したものですが、展開が楽しみです。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト