2024年 4月 18日 (木)

日本が決勝Tへ!でもホテルが取れない... W杯取材、谷原章介はキャンプかも!?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   サッカーワールドカップカタール大会は、日本がスペインに2-1で勝って、決勝トーナメント進出を2大会連続で決めた。「前半は苦しい戦いでしたけれど、自分たちができることを信じつづけたのがよかった」という森保一監督や選手たちの感激の言葉を、2日(2022年12月)のめざまし8は集めた。

  • 日本の決勝T進出で次戦にも大きな注目が集まる
    日本の決勝T進出で次戦にも大きな注目が集まる
  • 日本の決勝T進出で次戦にも大きな注目が集まる

海外メディアも「驚き」伝える

   同点ゴールの堂安律選手は「大きな壁を越えた。あそこ(ゴール)は俺のコースなので来たら決めてやると考えていたので、思い切って打ちました。きょうはみんなで喜んで、あしたから切り換えたい」

   逆転ゴールの田中碧は「ワールドカップで点を取ることはずっとイメージしていた。実行できてよかった。やってきたことが報われた瞬間でした」

   ベテランの長友佑都は「ブラボー! 本当にうれしい。みんなメンタルモンスターで、まじで強かった。日本サッカーは確実に強くなっている」

   キャプテンの吉田麻也は「最高でした。ここで帰るわけにいかないと、みんな言っていた。もっと上に行きたい。もう1個勝って、歴史を塗りかえたい」

   これで日本はリーグ戦グループEを首位通過し、2位はスペインだった。各国メディアは「日本が驚くべき逆転劇を繰り広げてベスト16に」(イギリスBBC)、「堂安と田中がラ・ロハ(スペイン代表のこと)を破り首位通過」(アメリカスポーティングニュース)、「日本がワールドカップの常識を打ち破り、スペインを2位にひきずりおろした」と報じた。

   カタールのスタジアムにいた新島健ディレクターは「前半は静かだったが、2点目が入ったときはいけるなと思いました。スペインのサポーターは勝てると思っていた人が多かったな」

   司会の谷原章介「新島さん(相手チームを)リスペクトしないと。ベスト8までいったら、僕、昭浩さん(サッカー解説者の永島氏・優美アナウンサーの父)と一緒に行きますよ」

   新島ディレクターは決勝トーナメントへの取材を続けるが、ホテルがまだとれておらず「キャンプ道具を買わなければいけないかもしれません」という。決勝トーナメント1回戦は、クロアチアと6日午前0時に対戦の予定だ。

(あっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中