2024年 3月 2日 (土)

次戦のクロアチアは強いだって? 「(日本は)ドイツにもスペインにも勝ってるじゃん」(長嶋一茂)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大袈裟に言えば、世界中のスポーツメディアの予想を裏切って、サッカーW杯で日本は強豪のドイツとスペインに逆転勝ちして決勝トーナメンに進出した。その最初の対戦は6日午前0時(2022年12月)からのクロアチアだ。どんな試合になりそうか。けさ2日の「モーニングショー」はさっそく予想した。

   司会の羽鳥慎一「FIFAランキングでは、日本24位に対してクロアチアは12位と上です。ワールドカップでは(日本はクロアチアに)1敗1分けと1度も勝っていません。そして、前回大会の準優勝チームです」

  • W杯日本代表のさらなる活躍に期待が集まる(写真:Agencia EFE/アフロ)
    W杯日本代表のさらなる活躍に期待が集まる(写真:Agencia EFE/アフロ)
  • W杯日本代表のさらなる活躍に期待が集まる(写真:Agencia EFE/アフロ)

羽鳥慎一「寝る時間をどうしようか工夫して」

   日本は実力でも実績でもかなり差がありそうだ。でも、長嶋一茂(スポーツプロデューサー)は楽観的で、「専門家に勝てないかもしれないという話をされても、ドイツにもスペインにも勝ってるじゃんと、われわれ素人は思ってしまう」と笑う。

   ゲスト解説の福田正博さん(サッカー元日本代表)は「日本にとって戦いやすい相手」という。「いまの日本とクロアチアでは、当然、日本の方が勢いがありますよね。日本は負けたコスタリカ戦なんかを見てもわかりますが、格上の立場の場合は戦いづらいんですよ。サッカーの世界では、格上は組みやすいといわれていて、日本も格上相手の方が自分たちのサッカーをしっかりしてるんです」

   イギリスの「ガーディアン」紙は「日本は今大会のサプライズマシーンだ」と評価している。では、勝てるのか。福田さんは「クロアチアはグループリーグは失点1で、派手なチームではないのですが、守備は堅く、小さいチャンスをものにしていくチームとはっきりしています。日本としては対策が取りやすく、十分勝つチャンスありです」

   今大会で日本の目標は決勝トーナメントで1勝してベスト8だが、長嶋は「ここまで来たら、ベスト8以上を考えちゃうね」。羽鳥は「日本の勝利を祈って、寝る時間をどうしようか工夫して応援しましょう」

(カズキ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中