2024年 4月 13日 (土)

<1年前のワイドショー>「患者の息子が医師を射殺」の衝撃 「医療者の安全確保」議論は進んだのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   <1年前のワイドショー>昨(2022)年の1月27日から28日にかけ、埼玉県ふじみ野市で、訪問看護の医師(44)が、訪れた家で男(66)に散弾銃で撃たれ死亡する事件がありました(年齢はいずれも当時)。医師は前(26)日に母親(92)をみとり、男に「あす夜、焼香に来てほしい」と求められていました。クリニック関係者7人で家を訪ねた直後、医師のほか理学療法士らも撃たれ、男は家に立てこもりました。

   (J-CAST)ワイドショー通信簿の「『埼玉立てこもり事件』羽鳥慎一、しゃべり通した20分生実況」(22年1月28日、テレビ朝日系「モーニングショー」)によると、事件は27日午後9時ごろ発生。警察が電話で夜通し男を説得し、翌28日の午前7時40分に突入して男の身柄を確保した、と伝えています。

  • 医療者の安全をどう守るか(写真はイメージ)
    医療者の安全をどう守るか(写真はイメージ)
  • 医療者の安全をどう守るか(写真はイメージ)

立てこもり事件、番組中に容疑者の身柄確保

   番組中の確保となったため、MCの羽鳥慎一さんは「容疑者の男は後部座席に座っています」「上空からの映像です(略)人質の男性はいま、救急車に乗せられるようです。安否は不明です」などと、20分間よどみなく伝えた、とあります。

   「石原良純が驚いた訪問看護の実態(略)」(同1月31日、「モーニングショー」)には、家を訪ねた医師らは男から「母親の心臓マッサージをしてほしい。生き返るのではないか」と要求され、医師が「30時間近く経過しているのでできない」と断ったところ、男は散弾銃を取り出し発砲したと伝えています。医師は即死だったそうです。

   このクリニックは24時間365日対応の在宅訪問診療所で、地域の訪問医療に尽力しコロナ禍の自宅療養者も支えていた、とあります。しかし、母親の胃ろう(おなかに穴を開けチューブで胃に直接食べ物を流す方法)を求める男と治療の意見が合わなかったとも。男は「母が死んでしまい(略)自殺しようと思った。先生やクリニックの人を巻き込んで殺そうと思った」との供述も伝えています。

   「『どうやって医師、看護師を守るのか』(略)橋本五郎、問題提起」(同日、日テレ系「スッキリ」)で、読売新聞の橋本五郎(特別編集委員)さんは、訪問看護師の53%が精神的暴力を、45%が身体的暴力を受けているという調査結果を挙げ、「患者も家族もイライラが募るし要求もある。どうやって医師、看護師を守るのか。2人でいくとか。警備会社とすぐに連絡つくようにするとか。これから方法を考えなければ...」と話したとあります。

   この事件の1カ月少し前、大阪・北新地の精神科クリニックで26人が犠牲になった放火殺人事件が起きています。他人を巻き込む身勝手な犯行が、また繰り返されました。

(コムギ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中