2024年 4月 13日 (土)

オードリー若林&南キャン山里役をジャニーズが! 「頭が追いつかない」だが、期待はある?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   オードリーの若林正恭さん、南海キャンディーズの山里亮太さんの半生を描く新日曜ドラマ「だが、情熱はある」(2023年4月スタート、日本テレビ系)で、King & Princeの高橋海人さんが若林正恭役、SixTONESの森本慎太郎さんが山里亮太役を務める。2月7日、同局が発表した。

   「たりないふたり」名義のユニット(2021年5月解散)でも知られる2人の、負の感情にさいなまれ何もかもがうまくいかないことばかり「だが、情熱はある」一面を描く「青春サバイバルストーリー」だ。

  • 日本テレビ系で2023年4月に始まるドラマ「だが、情熱はある」番組ツイッター(@daga_jyounetsu)より
    日本テレビ系で2023年4月に始まるドラマ「だが、情熱はある」番組ツイッター(@daga_jyounetsu)より
  • 日本テレビ系で2023年4月に始まるドラマ「だが、情熱はある」番組ツイッター(@daga_jyounetsu)より

「実は自分も意外と似たような面があった」

   ジャニーズのキラキラしたアイドルというイメージが強い高橋さんと森本さんだが、高橋さんは若林さんについて

「今までは頼りがいのあるMCのイメージでしたが、過去の話を知ってからは、色々な面で自意識過剰で、色々なことを気にして八方ふさがりになってしまうことが多い方なんだと。実は自分も意外と似たような面があったのでとても共感できました。自分も気にして考え込んで周りの人に心配されることがよくあります。若林さんのエッセイを読んで共感できるところに折り目をつけていたのですが、半分以上に折り目がついてしまいました(笑)」

と語る。

   一方の森本さんは「山里さんのことを、色々調べていくと、僕はまったく共感ができませんでした(笑)」と率直に明かしつつ、

「おふたりってちょっとネガティブですが、根本にあるお笑いに対しての好きな気持ちだったり、芯っていうものがしっかり通っていて、その根源にあるものを映像を通してお伝えできたらと思います。ぜひ、このドラマを通してそこを見て頂けたらと思います」

と意気込んでいる。

   若林さんの超ネガティブな面、山里さんの被害妄想と嫉妬に狂う面を描くドラマでジャニーズの2人が主演を務めるということで、ツイッターなどでは

「ジャニーズがたりないふたりの役!?高橋海人さんが若ちゃんで、森本慎太郎さんが山ちゃん!?ちょっと頭が追いつかない」
「たりないふたりジャニーズかー。違和感すごい。世の中の全てを憎んでた山ちゃんと若林をきらきらジャニーズがやるのかー」
「この2人が女王様と客のコントやるだろうか?笑 演技力とか演出でカバーできるんかな?」

と、驚きの声が上がっている。

(TT)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中