2024年 6月 19日 (水)

臓器無許可あっせん事件 容疑者が逮捕5日前に語っていたこと(THE TIME,)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「無許可にもかかわらず臓器移植をあっせんしたとして、東京・目黒のNPOの理事の男が逮捕された事件で、肝臓の移植手術を受けた男性が死亡していたことがわかりました」と、けさ10日(2023年2月)の「THE TIME,」で杉山真也アナが報じた。

  • TBSの「THE TIME,」番組サイトより
    TBSの「THE TIME,」番組サイトより
  • TBSの「THE TIME,」番組サイトより

摘発は全国初

   臓器移植法違反で逮捕されたNPO法人「難病患者支援の会」理事の菊池仁達容疑者(62歳)に肝臓移植をあっせんされ、去年2月にベラルーシで手術を受けた都内の男性は、帰国途中に感染症が発症したため別の国で入院、帰国後に再度移植手術を受けたが、去年11月に死亡したという。菊池容疑者はこの男性患者からおよそ3300万円を受け取っていた。

   臓器移植あっせんの摘発は全国初で、菊池容疑者は逮捕5日前にJNNに「海外での移植なら許可はいらないと思った」と話していた。警視庁はほかにもあっせん事例があるとみて捜査している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中