2024年 5月 20日 (月)

やす子とお見送り芸人しんいちの「ケンカ失敗事件」 オードリー若林の分析とは

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   オードリーの2人がMCを務め、今注目の有名人と「事前アンケートなし、打ち合わせなし」のフリートークを繰り広げる「あちこちオードリー」(テレビ東京系)。2月22日(2023年)の放送では、「人気者だけど普通のおしゃべりが苦手そうな人たち」として、「M-1グランプリ」2年連続ファイナリストの真空ジェシカ、「キングオブコント202」ファイナリストのジェラードン、「R-1グランプリ2022」王者のお見送り芸人しんいちが登場。ネタは抜群に面白いけれど、ネタ以外のいわゆる『平場』が苦手な3組が、これまでに出演したバラエティー番組でうまくいかなかったエピソードを披露しました。

  • オードリー若林正恭さん
    オードリー若林正恭さん
  • オードリー若林正恭さん

「盛り上がんないんだよ、時代的に」

   しんいちさんが語ったのは、「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)での「ケンカ失敗事件」。元自衛隊隊員のお笑い芸人・やす子さんと共演した際に、事前打ち合わせでスタッフから「隣(の席)やす子さんなんで、ちょっとバチってください」と言われ、やす子さんも同様のことを頼まれていたのだそう。収録が始まり、やす子さんが突然「こいつ、嫌いなんです」と言い始めると、しんいちさんが「なんやねんお前、『はいー』しか言わんくせに」と返し、やす子さんは「お前、いつまでトロフィー持ってんだ」と続けますが、まったく盛り上がらないグタグタの状態になってしまったと話します。

   「決め手にかけるケンカをずーっとやってしまって。あの、なんでも笑いにできるさんま師匠が、無言でこうやったんですよ」と、しんいちさんが両手を振るレフェリーストップのジェスチャーを見せると、オードリーの2人は爆笑。さんまさんは2人のケンカをスルーしてすぐに次のコーナーに進み、現場には『地獄の空気』が流れてしまったのだそう。やす子さんがこの事件以降、「しんいちさんと絡みたくない」とマネージャーに言っていると聞いたしんいちさんは、「なんでお前からNG出すねん」と納得がいかない様子でした。

   これを聞いた若林正恭さんが「ケンカのくだりの失敗は怖いよね」と反応すると、春日俊彰さんも「ケンカのくだりは一番緊張するもんね。絶対ウケなきゃいけないじゃん。なみいる先輩方を待たせて、何も起きないとかね」と同調。若林さんはさらに、「あれ(ケンカ)、意外と盛り上がんないよな。しんいちとZAZYが俺のクイズ番組で(ケンカした時)も盛り上がらなかったもんな。制作が『ケンカは盛り上がる』て思いすぎなんだよな。もうケンカって盛り上がんないんだよ、時代的に。だってみんな仲いいんだもん」と、ぶっちゃけていました。

   放送終了後のTwitterでは、「若林の『制作陣は誤解してるけど、芸人同士のケンカなんて今はウケないんだよね』って時代がよく見えていると思う」「しんいちさんめちゃくちゃ面白かった!ケンカ芸は難しいね」「ケンカ芸のむずかしさ。双方に腕があって『チャンチャン♪』で締められないと、ただただ後味悪いだけだもんな」など、さまざまな意見が飛び交っていました。

(Hibunny)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中