2024年 3月 2日 (土)

大谷翔平選手への「痛くないところに当てる」韓国投手発言 谷原章介がつけた「注文」とは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   いよいよきょう3日(2023年3月)、WBC侍ジャパンに合流する米エンゼルスの大谷翔平選手をめぐり、韓国のエースの発言が波紋を広げている。きょうの「めざまし8」で、倉田大誠アナウンサーが伝えた。

  • 大谷翔平選手
    大谷翔平選手
  • 大谷翔平選手

のちに「軽率な発言だった」と釈明

   「大谷と真っ向勝負がしたい。どうしても投げるところがなければ、痛くないところに当てる」と、ことし1月、地元メディアのインタビューで語ったのは、韓国代表の高祐錫投手だ。高投手は、2021年の東京五輪の準決勝の日本戦で決勝タイムリーを打たれ、メダルを逃した経緯がある。

   大谷との対決で故意に死球を狙うかの発言に、韓国内で「スポーツマンシップに反する」と批判の声が広がった。これを受けて2月末、「自分の立場を考えず、軽率な発言だった」と釈明。「(大谷には)同じスポーツ選手として勇気をもらっている。選手としては勝ちたいのが当然。大谷をどう打ち取るか、自分の中にある」などと語ったという。

   倉田アナ「どこかで思っていることがあるから、こういうことが出てしまうのかなと思ってしまいます」

   MCの谷原章介「投げるところがなければ当てるというのは、真っ向勝負と言えるのか。日韓戦は、どのスポーツでもとても盛り上がる宿命のライバル。こんな関係だからこそ、日本にも韓国にも互いに敬意を持って戦ってもらいたいですね」

(キャンディ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中