ガーシー議員、結局帰国せず 玉川徹「不思議なのは」と指摘した論点

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   選挙で当選後一回も国会に出ずに海外にい続けるNHK党のガーシー参院議員は、議場での陳謝を求められていたきのう参院本会議に現れなかった。9日(2023年3月)のモーニングショーは「除名の動きが強まります」と、野上慎平アナウンサーが逮捕の可能性にも触れた。

  • 国会の判断は?
    国会の判断は?
  • 国会の判断は?

「他に何かあるのかとちょっと思ってしまう」

   ガーシー議員はスーツにネクタイ姿で「つつしんで陳謝します」と語り、猶予を求める動画を国会事務局に提出したが、受けとれないと返却された。なぜ帰国しないかをSNSで「警察大丈夫ならとっくに帰国している。何も安全ではない」と常習的脅迫や名誉棄損容疑での逮捕を恐れる発言をしている。あれ、海外で要人と会うためとか、一時言っていなかったか。

   各党は「除名しかない」「除名の流れ」とほぼ一致。玉川徹(テレビ朝日報道局)に聞かれた参院の鈴木宗男・懲罰委員長は「最後の最後は来ると思ったが、はずれましたね」「税金泥棒の声があるのは当然だろう。今になっておカネを返すというのは保身でしかない」と話した。

   除名なら、もう不逮捕特権はない。「警察はおそらく逮捕へ動き出す」と若狭勝弁護士。

   玉川「不思議なのは、(裁判で)執行猶予の可能性が高いのに、なんでここまで帰ってこないのか。それほど逮捕を嫌がるのは、他に何かあるのかとちょっと思ってしまう」

   結城東輝(弁護士)「裁判で主張すればいい話で、(動画やSNSは)パフォーマンスにすぎない」

   ガーシー議員は15日にも除名処分されるとみられている。

(あっちゃん)

姉妹サイト