2024年 6月 17日 (月)

糖質カット炊飯器めぐる表示問題 TBS安住アナが説明した内容

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   最大54%の糖質がカットされるなどとうたった炊飯器が、「広告表示ほどの効果はなかった」と国民生活センターが発表した。けさ16日(2023年3月)の「THE TIME,」では、「ニュース関心度ランキング」コーナーの6位に入る話題となった。

  • ご飯をめぐる気になる話題が…(写真はイメージ)
    ご飯をめぐる気になる話題が…(写真はイメージ)
  • ご飯をめぐる気になる話題が…(写真はイメージ)

糖質カット自体は確認されたが...

   国民生活センターは5社の糖質カット炊飯器をテストしたところ、ウィナーズ社、AINX社、ソウイジャパン社、fouty-four社の製品について、糖質カットは確認されたものの、「表示された最大の割合には大きく及ばなかった」(菱田和己・商品テスト部長)という。景品表示法上の問題となる恐れがあり、改善を要求した。

   司会の安住紳一郎「私も気になって、買おうかなと思ったことがあるんです。どういう仕組みかというと、ご飯を炊いているときに湯気が出て、その水分に溶け出した糖質を(水分ごと)蓋などに集めてご飯に戻さないということで、糖質をカットするということなんです。が、どうやら表示されているほどカットできていなかったということで、改善要求が入ったんです」

   ソウイジャパン社はホームページで「改善要求を受け、製品の表示を改善した」としているが、改善したのは表示の方で、製品ではないらしい。

(カズキ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中