松阪牛だけじゃない三重県の肉グルメ ニッチェ近藤「行列が毎日のように」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   46都道府県の知られざるネタを紹介する「秘密のケンミンSHOW極」(日本テレビ系)。3月23 日(2023年)のSP放送では、松阪牛だけじゃない三重県の肉グルメが紹介されました。

   三重県といえば松阪牛のイメージですが、地元でインタビューを進めると、そうでもないよう。

   三重県内には松坂豚をはじめ19種類ものブランド豚があり、豚肉や鶏肉も人気。その地域ならではの人気店が存在しています。

  • 美味しそう…(写真はイメージ)
    美味しそう…(写真はイメージ)
  • 美味しそう…(写真はイメージ)

「ぼつ焼」とは?

   鈴鹿市民に絶大な人気を誇るのが「みさき屋」の「ぼつ焼」。

   「だいたい鈴鹿市民は、『みさき屋のぼつ焼』を食べに行きます。午後4時くらいから並びはじめて、バカなの?と思う」と答えた人もいる人気店。

   お店に向かうと、4階建て200席以上ある大型店舗にも関わらず午後6時から行列ができていました。

   名物の「ぼつ焼」は味噌ダレで漬けた豚のハラミを焼き、醤油タレを付けて食べる、この店のオリジナルメニュー。

   お店で使用しているのは、三重県松坂産の豚。1頭から約300グラムしかとれない希少なハラミを一晩熟成させることで、肉に旨味を増しています。

   三重県民のニッチェ近藤くみこさんが「本当に有名で、行列が毎日のようにできているんです。並んで行くか、食べたことないかのどっちかです!」と言うくらい、地元では知らない人がいない程の名物料理です。

   スタジオの試食会でもゲストがその味を絶賛。

   田中裕二「これ、うまいよ~。歯ごたえがホントいい!」

   久本雅美「贅沢だよ~これ、タレがあった方がいい」

   ニッチェ近藤くみこ「タレがより肉を美味しく、米を美味しくさせてくれる。この醤油タレはうなぎのタレと張るぐらい、米にかけて食べるタレだと思う」

   石塚英彦「もう、なんなら(タレを)飲めます!」

   肉とタレのコンビネーションが最高のよう。見ているだけで食欲がわいてきました。

(SaMi)

姉妹サイト