【どうする家康】大鼠(松本まりか)と千代(古川琴音)の忍び者対決に見ごたえ!闇の争い勝つのはどっち?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   NHK大河ドラマ「どうする家康」24話(2023年6月25日放送)では、家康(松本潤)の正室・瀬名(有村架純)と長男の信康(細田佳央太)が各地に密書を送り、武田方をはじめ多くの者が築山殿を訪ねてくる。不穏な動きと知った家康は、瀬名と息子を信じていると強弁するが、信長(岡田准一)に知れれば、命より大事な妻子を失うことになる。

   築山の謀略を探るため、忍びの服部半蔵(山田孝之)と大鼠(松本まりか)が動く。以前、千代(古川琴音)との一騎打ちで腕を怪我した大鼠は、手裏剣の技が冴えずに不貞腐れている。そこへ服部半蔵が登場して、黄色い福寿草を差し出しながらのプロポーズ。「女は男に可愛いがられてるのが幸せだろ」とはベタベタの昭和節である。

   この福寿草、本物とは違って艶が造花のようで注意深く見ていると、大鼠がいきなり食べ始めた。「殺すぞ」と言い捨てたのは、女を見下しているからでなく、自分の仕事への矜持が傷つけられたからであろう。大鼠の怒りが福寿草を食い散らかすことで表現されたのはインパクトが強い。

  • 家康にとって人生最大の悲劇
    家康にとって人生最大の悲劇
  • 家康にとって人生最大の悲劇

瀬名(有村架純)と信康(細田佳央太)に待つ無残な運命

   大鼠は築山殿の床下に忍び込んだ。瀬名を誰が訪ねてくるか探るためだ。フィクション甚だしいのは、瀬名の「平和プラン」に共感する武田の重臣・穴山信君(田辺誠一)と千代だが、瀬名と会っているときに、千代が床下の不審な気配に気づく。床下に突き下ろした刀は大鼠をかすった。またしてもこの2人の攻防戦となり、大鼠のリベンジになるかと思われたが、腕を怪我している大鼠が逃げ去ることで終わった。

   2人が再び対面するシーンにネットでは「二人は宿敵のような感じになって来た」「千代と大鼠が対峙するシーンかっこよかったね」「あんな強い女になりたい」「千代VS大鼠 見応えあったな~」などで沸いた。千代と大鼠の俊敏さは切れがよく見ていて爽快。大舞台の合戦はそれとして、2人の闇の争いをもっと見たいものである。

   それにしても「奪い合うのではなく、与え合うのです」とニッコリの瀬名と息子、そして五徳が悪者にならずに寄り添う仰天展開の「築山事件」だが、次回は一転悲劇へと流れる。(Y・U)

姉妹サイト