酒の販売が2006年9月から完全自由化へ

印刷

酒類販売免許が2006年9月から全面的に自由化される。政府・与党が「酒類小売業者経営改善等緊急措置法」を再延長しない方針を決め、特例措置が06年8月末に失効することが確実になったためだ。スーパーやコンビニエンスストアが販売免許を自由にとれるようになり、競争が活発になりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中