不振の日産 ゴーン社長は「信じてくれ」

印刷

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は2006年6月27日、同社の定時株主総会で、当初84万6,000台と見込んでいた2006年度の国内販売台数を実質的に下方修正すると発表した。

JINビジネスニュースは、06年6月15日付けで「日産販売不振 『ゴーン人事』が原因」を配信した。その後も日産の不振を伝える報道が続き、記者会見でゴーン社長は「『ゴーンマジック』は通用しないという報道が目立つ」と苦しいコメントをしていた。翌日の06年6月28日付けの朝日新聞は、「日産苦戦中 ゴーン路線に陰り?」と題し、「好転を信じてください」と説明に追われるゴーン社長の様子を紹介している。

株主総会後の記者会見で、ゴーン社長は「国内販売台数は80万台近くになる可能性もある」と、当初の見込みより4万台近く下方修正しなければならない苦しい状況を説明した。同社が発表した06年5月の国内生産、国内販売、輸出、海外生産実績によれば、4項目すべてが前年同期比でマイナスだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中